車の値段は「月収の2倍」が身分相応。

この頃「借金」について考えるコトが多いです。

それは、過去に自動車ローンを組んで
支払いが苦しかった経験があったからかもしれません。

今読んでいるお金の本で、「そろそろ、本気でお金持ちになってみませんか という、

ちょっと古い本なのですが、車の購入価格について、こう話しています。

車の値段は「月収のおよそ2倍程度」

君はどんな車に乗っているのかね?
車の値段は、月収のおよそ2倍程度が好ましいんだ。
それが身分相応というものさ。

ところが中流の多くは、年収ほどの値段の
高級車を無理して買うものだから、
やがて余裕がなくなって売りに出し、
結局安いのと取り替えることになる。
それならはじめから安い車で
満足すればいいんだ。

私が独身の頃に買った車は
外車の中古で、80万円で購入しました。

当時貯金が40万円で、その貯金を全て
車代にあてて、残りの40万円をローンで買いました。

ローンは「買った」んじゃなくて「借金」をしている

当時の月収は18万円ほどでした。
だから、この本に書いてあるように
身分相応な値段だったら、36万円の自動車を
一括で買えばよかったわけです。

私は、「欲しい車」「ステキな車」を借金して
返済に苦しみながら乗っていました。

当時は本当にだらしなくて
引き落とし口座にお金を入れ忘れたことが
何度かあって返済が滞納しました。

すぐに、ローン会社から電話がかかってきて
「すみません、すぐに払います」と謝って。
とても、惨めな気持になりました。

その車の状態があまり良くなく、
修理代も維持費もかかるから、
結局1年半で手放したんです。

お金をドブに捨てることをしていました。
外からの見栄えはいいけれど、実は火の車。

現金で買えないモノは買わない

その苦い経験があったから
「現金で買えないものは、買わない。」
と学んだのです。

まさに過去の私は「貧乏人」だった。

貧乏人はお金が欲しくていやいや働く。
中流はもっと稼ぎたくてあくせく働く。
お金持ちは自分のお金に働いてもらう。

貧乏人だった私は、自分が本当に何がしたいのか
よく分かっていなくて、だから、お金があっても
何も得られなかったんだと思います。

この本に書いてある「月収の2倍」
お金持ちになる、大きなヒントなんだと思うんです。

最近の私は「身分相応」と言う言葉が
ようやく、どういうモノか理解できるようになってきた。
そんな気がしています。

スポンサーリンク