化石化した冷凍食品をみて思う【断捨離画像あり】所有欲とこだわり

断捨離,シンプルライフを目指して

断捨離を定期的に行って、4年目になりますが、
我が家には、まだまだ「いらないモノが多いな」
と感じるんです。

モノを片付けて処分したのに
どうして、モノが増えているんだろう?
と不思議な気持ちになる時ってありませんか?

日本人の所有欲とこだわり

最近、「所有欲」について知ったことなのですが、
外国人と、日本人の所有に対する国民性の違いがあるということです。

なにかというと「モノに対するこだわり。」
例えば、「箸の文化」と「ナイフ、フォークの文化」の違い。

欧米人は、ナイフとフォークを使って食事をするけれど、
「Myナイフ、フォーク」というのは決めてなく、
家にあるものを皆で共有するそうです。

それに対して、日本は「マイ箸」が普通になっています。
それぞれの専用箸がある。

これこそ、日本人特有の所有欲からくる、
「こだわり」だということです。

化石化した食材

そのことを知った私は、
家の「いらないモノ」の断捨離をはじめました。
今進めているのは、キッチン周りと冷凍庫。

冷凍庫の中をチェックしてみると、
使い切れていなかった、中途半端な食材が何個もありました。

これです。↓
DSC07002

画像アップしようか戸惑ったのですが、のせます。
ドキドキ・・。

冬に作った、カボチャのクリームの残りです・・。(^^;)
DSC07006

あああ・・・恥ずかしい。
冬を越し、春を迎え・・。
霜がびっしりと、美しく完成しました。

しかも、化石化しています。
ああ・・霜自慢している場合じゃないですね。

どうして、こんな中途半端な量を残しておく?
「使い切ってしまえばいいのに。」と思える量・・。

我ながら理解できず、謎に満ちています。
私のズボラさがよーく、伝わったかと思います。(^◇^;)

使い切る生活

「使い切る生活を心がけている」
と話していたのに、説得力ゼロ!

まだまだ使い切っていないじゃない。
と、反省しました\(-o-)/

新婚の頃、料理に夢中になり、
沢山の手作り料理を作っていました。

愛情こもった(?)手作り料理を保管するために、
ジップロック
の大・中・小を揃え、20個くらい買いました。

今は、手作り熱も落ち着いたので、タッパーは
数えるくらいで十分だということがわかりました。

そして、もう1つ気が付いたこと。
それは、タッパーが多いと、
沢山食材を買いたくなる心理になる

ということでした。

「沢山買っても、タッパーに保管すればいい。」
という、一種の安心感があります。

でも、タッパーが少なければ、
モノを買いたくなる衝動を、
グッと抑えられる
んだと思います。

タッパーを洗って、さようならしました。
DSC07014

片づけ中で、モノを引っ張りだしたので
キッチンがすごいことに・・。まるで、ゴミ屋敷。

こうして見ると・・。
まだまだ、所有欲から抜けていないなー。
と感じます

人間が所有できる数は限られている

1人の人間が所有できるモノの数には
限りがあるということ。

それを踏まえて、出来るものは複数人で共有すること。
そして、個人の所有は、本当に必要なモノだけに
限定していきたいと思っています。

スポンサーリンク