私が少しずつ洋服を買わなくなった理由

洋服,買わなくなった

断捨離してから服を買わなくなった

今年の夏服は一枚も買わない気がします。

服の断捨離してから、物欲が減ったというのもあるけれど、元をたどると「いい服を買うと満足感が高いんだな」ということでした。

 

「お金がないとき」より「お金があるとき」の方が買わない

「お金がない」と思ってた時より「お金がある」と思ってる今の方が、高すぎる洋服だったり、小物を買わなくなりました。

満たされてなかったり、自信が持てない時。

「いいモノ」と言われるモノを持ち、武装することで心の安定を保っていたんだと感じます。

 

洋服を30着以上断捨離した効果

ムダに洋服を買わないようになったきっかけというのが、洋服を30着以上断捨離してからでした。

 

【タンスの中公開2】30着洋服を断捨離。洋服にかけた金額と満足度は比例しない。

2016.10.22

 

すんなりと違和感なく着られる洋服

洋服,買わなくなった

「いい服」といっても、高価なものではないのですが違和感なく着られる洋服ってすごく大切にすることがわかりました。

私は、女性らしさを感じる洋服が好き。

でも、キレイだけじゃなくて普段着として着られること。気張らずに、自然体で着られる洋服が一番いい。

最近は、30~40代向けのSweet&Sheep という楽天市場で良く購入する洋服なのですが、シンプルで自然体で着られます。

Sweet&Sheep

オシャレと動きやすさ、女らしさを兼ね備えているので、気に入って着ています。 

もう1枚は、よく褒められるシンプルドロップショルダーワンピース

 

 

美容院に行っても、誰かと会っても、「どこで買ったの?」と聞かれ…。

楽天で2000円だったよ」というと、目をまん丸にして驚かれます(笑)

こちらのショップは、aquagarage(アクアガレージ)さん。

ワンピースに適度な隙間あり。

腰回りの締め付け感なくストレッチ性があるので、家事で動き回ったり近所の買い物にちょうどいいです。

 

十分素敵

他のステキな洋服をみて欲しいなー
と、ココロが動いても、「でも、今の洋服でも十分ステキ」「今のワタシでも十分ステキだからあれこれ買わなくてもいいか・・・。」

と、お店を後悔なく、未練なく出られる回数が増えました。でも、お店にとっては嫌な客かもしれません。

でも、私が感じるているのは、沢山の洋服が溢れて、洋服が余って常にセールされる状態も不思議ですし、違和感です。

ひと昔まえって、セールというと、年に数回だけだったと記憶しています。

安くて大量生産できる洋服が多いのは、豊かになったのかもしれない。

けれど…見えない裏では、過酷な労働を強いられてる人たちもいるわけです。

今まで知らなかったけれど、それを知ってから、あまり安「すぎる」洋服は買う頻度を徐々に減らしています。

 

オシャレはあくまでも「自分が主役」服は「ラッピング」

あと、オシャレって女性にとって必要なものだけど、オシャレが最優先になってしまうと、失うものも多いということです。

キレイに洋服を着るために、ダイエットのしすぎで体調不良になったり、変なことしてしまうこともあります。

そうすると、自分よりも服が優先になって、ファッションの操り人形になってしまう。

オシャレって、あくまでも「自分が主役」だと思うんです。服は自分を引き立ててくれる「ラッピング」

そうすると、けっこう、冷静にオシャレと程よく付き合うことができる。

その「程よい関係」が、オシャレを楽しむ秘訣なのかな?と感じています。

関連カテゴリー

洋服の断捨離

買わない工夫

スポンサーリンク