【2人暮らしのクローゼット】洋服を断捨離して見えたオシャレの価値観

プラステ,PLST,ストレッチタフタビッグカラーダウンコート

ダウンコートを丸洗いしてサッパリ

プラステ,PLST,ストレッチタフタビッグカラーダウンコート

冬の寒さが少しずつ和らいできました。

PLST(プラステ)で購入した冬用ダウンコートを丸洗いしてサッパリさせました。

こうして時々洋服をサッパリさせると、洋服に染み付いた汚れが取れ、服に溜まったエネルギー的なものが浄化されるような気がします。

冬は、プラステのダウンコート1枚でオシャレを楽しんでいます。軽くて、暖かいので洋服の枚数が少なく済みました。

断捨離4か月後・2人暮らしのクローゼット

洋服,断捨離.オシャレ,クローゼット,タンス

「コート」で思い出したのですが、最近のわが家のクローゼットの様子をアップします。

  • 右側:夫の洋服
  • 左奥:喪服・スーツ類
  • 左前:妻の洋服

 

洋服の間に無印の収納で、洋服ブラシ・ベルトの小物類を置き、衣類で使う小物が迷子にならないようにしています。

洋服,断捨離.オシャレ,クローゼット,タンス

 

断捨離する前は、とにかくグチャグチャでしたが、洋服の買取をしてから、ずいぶんスッキリしました。

モノが減るとココロの負担が軽くなる。

【タンスの中公開1】洋服を断捨離して感じること。

シンプルライフのブログでもアップしたことがあるのですが、何でもポイポイモノを「とりあえず」置いていました。ほんと、恥ずかしいくらいに…。

捨てるべき服3つのポイント。洋服を断捨離する効果。

…と言っても家族(夫)がいると、自分の思い通りにいかないことが多いですね(笑)

 

断捨離して変わったオシャレの価値観

洋服を断捨離してから、オシャレの価値観がぐるりと変わったような気がします。

今までは、「理想の自分像」というものがあって、それに向かって洋服を買い、小物を揃えていました。

なので、普通に1枚3万円のワンピースを買っていた時期がありました。

ですが、「理想」と「ライフスタイル」にズレがあると、途端に高価な服でも似合わなかったり、しっくりこない。

 

ライフスタイルに合ったオシャレ

どんなに良い服でも、ライフスタイル・生き方がハッキリ分からないと、どんな洋服が今の自分にとってベストなのかわからなくなってしまいます。

雑誌、ネットでは完璧にセットされた場所で、ステキな洋服を撮影している。

だけど、それは完全に整っているからステキに見えるわけで…。

へんな話、普段あまり外に行かない主婦が、バリバリのキャリアウーマン風の洋服を着たら合わない。

反対に、田舎で海沿いに暮らしている人が10センチのヒールを履いたら、ケガしそうで危ない。

…と、キャリアウーマンだからこそ、そういう装いが合うわけで、なにもみんなが着る必要はなく、その人が着ればいい話。

だからって、「着れればなんでもいい」じゃ、女捨ててるようで好きではない。安すぎる服も、すぐダメになってしまうから買わない。

そんなわたしはと言うと、今までの「好き」「理想」を残しつつ、今の「主婦」のライフスタイルにあった洋服を選んで暮らしています。

1枚3万円のワンピースから5000円のワンピースになったからって、自分の価値が下がるわけではない。

 

持ったエネルギーを大いに発揮できる服装が最強

その時その時の、持ったエネルギーを大いに発揮できる服装でオシャレを楽しもうと。その方が最強な自分になれる…と。

それからですね、「オシャレって常に背伸びしなくてもいいし、決めるときは決めればいいんだ。」と思えるようになったのは。

そんなかんじで、ライフスタイルに合った服装が「オシャレ」と呼ぶのかな?と感じています。

 

スポンサーリンク