断捨離を習慣化しておいて良かったと思った瞬間。

引っ越し,見積り,断捨離

それは突然やってきた

引越し予定が4月だったのですが、来月の3月に変更……。

ということで、のんびり屋の夫とわたしは急にドキドキと焦りを覚え…小走りな気持ちで、一括見積のできるHOME’S引越し見積もりに申し込み。

早速連絡があり、何社か見積もりを取っていただいたのですが、営業の方から必ず言われた言葉…。

「物がスッキリされていますねー」

「そりゃあ、そうです」なんて一言声が漏れそうでしたが、1年間コツコツ断捨離をしていたから…。

 

断捨離を習慣化しておいて良かったと思った瞬間。

自慢にもならないのだけど、このとき「ああ、断捨離を習慣化できてよかったな」とかんじました。

どうしてかというと、1年半前にも引越しました。引越し前多くの物を捨てたのですが、それでも物が多かったのです。

使っていないものを、そのまんま新居に持ってきてしまったものもありました。

「いつか使うかもしれない」と思っていたあんなもの、こんなもの…。結局、1度も使わず…例えば木製の風呂蓋だったり(笑)

振り返ると、本当に笑ってしまうのですが、「なんでこんなものを持ってきたんだろう?」と、自分の所有物の深さに気がつきました。

記事:化石化した冷凍食品をみて思う【断捨離画像あり】所有欲とこだわり

 

やっぱり「使うかもしれない」は「来なかった」

荷物がたくさんあると、やはり引っ越しに負担がかかります。

冷蔵庫、使っていないテレビ…と、いろいろあるかと思います。

でも、断捨離してわかったことは、意外にも、「もう2度と使わないでしょう」「いらないもの」って多い。

だからこそ、普段からこまめに捨てていく習慣をつけることが、引越しをラクにし、自分を助けるコツなのかもしれないと感じます。

 

どんな環境にも対応できるコンパクトな暮らし

今回の突然の引越しで、ちょっと気持ちがソワソワ~っとしているけれど、それでもぶれない気持ちがあるのは確かです。

それは、物がスッキリ整い、管理できるくらいの物の量は、身軽に生きられる機会増え、サッと移動しやすい。そして、選択肢が広がるのかもしれません。

引越し前の断捨離はメリットが多いと感じる

これが大量の物に溢れていたら、それに合わせた部屋を選ぶことになります。

これからも賃貸生活を続けて行く予定のわが家。

心のゆとりは失わないように、どんな環境にも対応できるコンパクトな暮らしは、やっぱりステキだし、引越し前の断捨離はメリットが多いと感じています!

スポンサーリンク