台所は汚れなくてもいい。台所汚れは「頑張ってる証拠」と思ってた

台所は汚れなくてもいい。食材は仕舞う前に「仕込む」

時短,家事,使いきる,仕込み,作り置き,オイシックス

シンプルライフを始めてから無印良品の小さな冷蔵庫に買い替えてから、食材を仕込むようになりました。

野菜は仕舞わず仕込もう。明日の私を8割助ける時短家事

食材を買ってきたとき、冷蔵庫にそのまま入れる前に、カットしてしまうのです。

飲食店などの料理店は、こんな風に食材を仕込むことがほとんど。

仕込むことで料理時間が短縮され、台所を汚さずキレイに使えます。

 

「汚れにくい台所」になって気付いた歪んだ価値観

食材を仕込むようになってから、洗い物の回数が減り、台所が汚れにくくなったのです。

それで「あれ?」っと気がついたことがあって…。

今まで「台所が汚れるのは仕方がないこと」「台所が汚れるのは沢山料理をしている証拠…!!」と思い込んでいた。

そう、台所が汚れるのは「頑張ってる証拠」だと思っていたのです。

台所が汚れる=料理を作る良い妻・家族思いの奥さんだと。

だけど、あの頃の考えとは変わって、それって誰が決めたことなのか分からないことでした。

もしかすると、教育やテレビの影響だったのかもしれない。

わざわざ台所を汚さなくてもいいんじゃないの?

汚れなくてもいい奥さんなんじゃないかな?と言うことでした。

嫌だと避けていた物・事こそ始めてみるといい

食材を仕込むキッカケになったのが、食材宅配をはじめてからですが、今まで食べ物を他人任せにするなんて主婦失格!とさえ思っていたのです。

だけど、こうして今感じるのは「嫌だと避けていた物・事こそ始めてみると新しいやりかたが見えてくる。

結果自分がラクになることが多かった。

「頑張る姿を見せるのが良い」とか「自分のためより相手のために尽くす」

そんな風に外側から価値観を刷り込まれていたのだな、と気がついたんですね。

自分で考えて決めたことじゃない。

生活の中で「思い込んでいること」って気がつかないようで色々とあるんだなぁと感じました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーリンク