歯の寿命50年。歯の寿命を伸ばす為にあなたができること。




歯の寿命を聞いてひっくり返りそうだった

歯の寿命って何年なんだろう?深く考えたことってありますか。

わたしですか?うーん普段意識してないなぁ…大体80年くらい?

なんとなーく、そんなふうに思ってましたが、じつは歯の寿命は50年…!

3ヵ月に1度、歯医者に通院しているのですが、先日の歯科検診で歯の寿命について先生とお話しました。

 

「歯は消耗品です」

歯,寿命,歯ぎしり,マウスピース,矯正

歯の寿命50年って聞くと「わたしの歯、あと何年使い物になるのかしら?」と思いますよね。

でも、歯って消耗品とそこまで変わんないんだそうです。

ガーーーン!!

ガンガーン!!(笑)

思わず「えっ?歯って消耗品なの?大切にすれば一生物だと思ってたんですが…(泣)」

興奮気味に先生に言ってしまいました。

歯の問題で悩む人が増えたのは、人間の寿命が伸びたことも関係しています。

昔だったら50年ちょっとで寿命がきました。

長生きする人が増えた今、歯を削ったり抜く時代から、歯をできるだけ残すための予防がテーマになっています。

 

歯の寿命を伸ばす為に

先生に歯の寿命を伸ばすためのアドバイスが2つの方法でした。

 

  1. マウスピース使用
  2. 歯周病予防

 

歯周病予防はもちろんだけど、先生は「特にマウスピースは欠かさないでください!!」とキッパリ。

マウスピースが一番歯の寿命を伸ばすのに適しているということでした。

マウスピースを使う理由:歯のすり減り予防

歯がすり減ると聞くと、食事中や歯磨きをイメージしますよね。

ですが、日常生活ではそこまですり減らないんだそうです。

じゃあ、何が原因で歯の寿命が短くなるのか?

就寝中の歯ぎしりが歯の寿命を短くする

それは、就寝中の歯ぎしり。

歯ぎしりってわたし達が想像してる以上に負荷がかかってる。

それも、50キロ以上と成人女性並みの負担を…。

365日繰り返せば…ちょっとゾッとしますよね。

 

歯の寿命を伸ばすためにマウスピースを使おう

歯,寿命,歯ぎしり,マウスピース,矯正

わたしも歯医者で歯の形に合ったマウスピースを作って日中と寝る時装着してますが、着けると着けないではハッキリ差がでます。

写真はイメージですが、歯にスポッと被せるタイプを使っています。

食いしばりによって歯と体に負担をかけていたのが、マウスピースを使うことで顎と首の痛み、知覚過敏軽減。

わたしは歯医者で5000円くらいで作りましたが、歯医者でマウスピースをお願いすれば作ってもらえると思います。

ちなみに歯科医で勤める人の多くは、日中マウスピースを装着してる人がほとんどなんですって。

 

歯の健康は未来投資

歯周病は普段の歯磨きの仕方で予防できますが、歯ぎしりだけは就寝時コントロールできません。

歯は一度ダメになったら洋服を買い替えるようにはいきません(涙)

マウスピースで、歯のすり減り予防・寿命を伸ばすことは可能。

消耗品と変わらない歯をできるだけ長く大切にしていきたいですね^^

スポンサーリンク