【時短・作り置き】ゴロっと大きい冷凍グリル野菜で3日分のご飯作りを無理なくラクに

ゴロっと大きい冷凍グリル野菜で3日分のご飯作りをラクに

 

時短料理で見つけたメニュー、「チャンモッタ」

毎日の料理が3日分ほどラクになるので、時短メニューの仲間入りのひとつ。

ただ、チャンモッタって何よ?と思いますよね。

南イタリアでよく作られる野菜の煮込み料理で、作り立てはもちろん、冷めてもおいしく食べられるので、作り置きにもなります。

オリーブオイルで冷凍グリル野菜を炒め、トマト缶、コンソメだしを入れて煮込み、仕上げに塩コショウで完成。

10分あれば1品できます。

わが家の愛用コンソメだしは、お湯を注ぐだけでスープになる野菜原料のみのコンソメだしを使っています。

(関連記事)フツーの味噌汁に飽きたら1度やってみて欲しい「コンソメ味噌汁」

 

1品で無理なくレパートリーを増やす

3日分がラクになるのは、1品で無理なくレパートリーを増やすことが可能だからです。

時短料理を続ける秘訣は「無理なく」がポイントでした。

 

  • 1日目:そのまま出す
  • 2日目:パスタにして
  • 3日目:スープ又はペンネに和える

 

カラフルで手抜き感ゼロ。白ご飯と相性がいいので、お弁当のおかずにも。

(関連記事)野菜は仕舞わず仕込もう。明日の私を8割助ける時短家事

 

【時短・作り置きに便利】カゴメ「地中海野菜グリルミックス」

使っているのは、カゴメ 冷凍野菜 地中海野菜グリルのミックス

600gとずっしり入ってるので1度でたっぷり作り置き。

作り置きしても美味しくなければ意味がないのですが、このグリル野菜はつまみ食いが止まらなくなる冷凍グリル野菜でした。

定期的注文してるオイシックスの食材宅配で見つけたのですが、冷凍食品によくある小さめカットだと、メインで出すのはちょっと寂しい。

大きさを例えると、指の第一関節ほどのゴロっとした大きさなので、メイン料理として出せます。

水っぽくなりがちな冷凍野菜ですが、加熱してもベチャっとせず、野菜の旨みがギュッと引き立ちますよ^^

 

スポンサーリンク