ファストファッションは、やっぱりファストファッション。

シンプルライフ

断捨離ブームを振り返る

ふと断捨離ブームの時期を思い出してみたのですが、確か、2012年あたりからブームが始まったと記憶しています。

そんな時、わたしがしていたのは、洋服をシーズン毎に購入しては、新しく買った洋服と、手持ちの洋服のコーディネートに悩んでいました。

ファストファッション、デパートブランド、ショッピングモール・・。

しかも1着1着が、中途半端な価格だったので、捨てるに捨てられなかった。

ですが、2年前、思い切って手持ちの洋服の7割を捨て、2年後の今分かったことがありました。

 

着てる服8割・2割ファストファッション

今わたしが着ている洋服の8割以上が「いつも着てる服」です。

”着てる服8割・2割ファストファッション”

大体4パターンをローテーションで着ています。

それでやっぱりね、着ていない服を確認すると、ファストファッションがほとんどなのです。

これがね、子育て中だったら話が別だったかもしれません。汚れても伸び伸びになっても苦にならない価格帯の洋服を買うと思います。

だからってファストファッション全部がいけない!って訳ではないのですが、「ファストファッションは、やっぱりファストファッションなんだな。」と(タンスの中というテスト結果)が見られます(笑)

断捨離後の今でも、お手頃価格の店へフラフラ~っと入店→なんか丁度良い→お財布に入ってるお金で買える価格→レジ!

・・レジに行こうとしてしまう自分が居るのですが、何度も失敗したでしょう?

おい!!目ぇ覚ませ、何年も着られなかったでしょう?

(笑)

 

シーズン毎に買わなくても生きていける

「シーズン毎に服を買わなくても生きていける」

そうなんです、シーズン毎に新しい服をたんまり買わなくても生活に困らないのです。

コストパフォーマンスのいい服、とよく聞くけれど、長持ちしなきゃ、ゴミが増える一方でコストパフォーマンス良くないことをせっせとしてるんじゃないのか・・?

毎シーズン買い替えて、その時の流行を追うのも洋服と付き合うひとつの方法なのかもしれません。

関連記事:思い出に残らない服はいらない。ワンシーズンで着倒すより1枚の思い出に残る良質な服を大切に着回す。

洋服選びって、どこかで「自分を良くみせたい」とか「いつもキレイな洋服を着てる自分」そんな願望が、人間誰しも持っていますね。

願望を暮らしの中に組み込んでいくならば、自分を良く見せる以上に重要なのは、”長持ちする洋服を買う”ことなんだと分かりました。

長持ちする洋服は、その時の気分や焦りで買うような刹那的ではありません(笑)貯金と一緒で計画性を自分の中で育てていかないといけない。

そんなことを話してるわたしも、ファストファッションを着ています。少しずつ(長持ちする洋服)を計画して、数年かけて揃えています。

本当にコストパフォーマンスを求めるならば、できるだけゴミにならない洋服を、少しずつ揃えていくことが、お金と時間、労力をムダにしない。

長い目で見ると時間・お金・物という形で時間はかかるけれど、目に見える結果が残ると感じています。

スポンサーリンク