【30代主婦の再就職】シンプルライフで「幸せの基準」が変わる時

シンプルライフ

結婚してから「主婦」だけだった私。

シンプライフと家事の時間短縮をスタート。

先日のブログ「何度も同じ会話をしない」にも書いたのですが、シンプルライフで大きく変わったのが「時間に対する価値観

心の変化が「家以外の外で活動したい」でした。

 

「幸せ」「絶対」は変わる

まさか・・外で働きたいと思うとは・・。

そんな私、結婚したら女は家・男は外で。昭和ですね。

どちらかといえば、できるだけ時間に縛られた会社員より、結婚生活に支障がでないくらいの活動をし、時間に縛られない自営業・自由な生き方を好んでいました。

ですが、シンプルライフをきっかけに、「絶対」だった気持ちが少しずつ変わっていたのです。

それは、家事の時間短縮を暮らしに取り入れたことで「こうあるべき」の形が外れていったこと。

カテゴリー:家事の時間短縮

シンプルライフで変わった「働きたい気持ち」

もうひとつは、1年前夫が全くの別分野で転職したこと。

1年後の今、そんな夫の姿を見てきて「私も・・。」「また働いても良いかも」

 

  • 外で働くこと(活動範囲を広げる)
  • 主婦生活を送りつつ社会とつながること
  • 学びたい分野がはっきりしたこと

 

この3つでした。

マイナスな気持ちで封印していた「転職・再就職」を少しずつポジティブに考えられるようになりました。

シンプルな暮らしは、「心の深い部分に向き合うきっかけ」になると発見。大きな収穫です。

短時間勤務からでも、まずは経験を増やしていきたい。

できるだけ見たくない!そんな気持ちでいっぱいだった求人情報。

ただ、今までの職種とは別分野。

懐かしい「とらばーゆ」などの求人サイトにアクセスして見て・・。

(なんかキラキラしてるぞ・・”キャリア”とか縁の無い言葉が散りばめられている・・。)

主婦だけしていた私、一体社会で何が役立つのか?というか無くない?

不安・・。長い間、主婦生活を送ってきた私にとって「外で働く」というのはかなりのハードル高め。

時間通り通勤できる?畑違いでやっていける?挫折しない?

というか、30過ぎた私は社会に必要とされていないじゃ・・そもそも面接にたどり着けるの?(笑)

勉強していけるの?・・不安ですが、向こうからはやってこない。

だから歩いたことのない道を、現実をしっかり見て歩かないと。

「将来につながる働きかた」を今からしていきたいのです。

今年のテーマは「現実」と「自立」

 

幸せの基準、変わる

正直、今までやってきた「ワクワクする生き方」の反対バージョンです。

ワクワクなんかしない。怖い。

「ワクワク」も良いけれど、あまりにもポジティブすぎる理由は続かないことにも気がついた。

【王子様を待たないで欲しい物は自分で買おう】女の子が生きていくときに、覚えていてほしいことを読んで。

幸せの基準は、変わっていくんだと「変わらない」と思っていたことが気がついたら随分変わっていたこと。

一度決めたら、何が何でも変えてはいけない。それが人生を苦しめる。

過去にやっていたことを「これが幸せな生き方」と続ける必要もなくて・・気持ちの変化を捻じ伏せないようにしながら進んでいきたい。

スポンサーリンク