生活レベルを上げない「今の年収がピーク」と思うこと

生活レベル,下げる,下げられない,生活水準

生活レベルを上げない

生活レベル,下げる,下げられない,生活水準

生活レベルを上げること、暮らしの質を上げること・・。

向上心を持って生きる、なんてステキなんだろう、上を目指してる人って魅力的だ・・。

そんな風に思っていましたが、一度上げた生活レベルは、下げる時にとってもむずかしく苦痛。

そんなことを、ひしひし感じるようになりました。

だからって特別な贅沢をしているわけでもない。自動車も手放したし、洋服だって年に数回しか買ってない。日々身の丈に合った暮らしをしてるはずなのに・・。

貯金も投資も少しずつだけどできている・・それなのに、将来がなんとなく不安になっている自分がいました。

「一体何が不安なんだろう?」生活の一つ一つをふり返ってみると、数十年先の未来のことなど誰にもわからないのに、どこかで「足し算な生き方」をしてるからかな?ということです。

自覚症状がない

生活レベルを落とすきっかけって、人それぞれだと思います。

「貯金したい」

「給料が下がったから節約したい」

「〇年後に〇〇をしたいから〇〇〇円お金を貯める」

だけど一度上がった生活レベルって、自覚症状がほとんどない。

だからどこから削っていったらいいのか分からない。

よくいわれるのが「欲しいもの・必要なものを分ける」

私が失敗だと思ったお金の使い方は、必要だと思って定期購入していたものが、じつは高価商品だったこと。

そもそも買わなくて良かった物もあり、そんな高いものじゃなくても十分暮らしが送れることでした。

【貯金は期間限定?】購入履歴で無駄づかい防止

買うのに納得しやすい「必要」という言葉は、もしかすると大切なお金を自覚症状のないまま垂れ流しているのかもしれません。

 

「今の年収がピーク」と思うこと

それで私は思ったのです。

どんなに良い会社で勤めて安定したお給料をもらう=生活レベルを上げてもいいワケじゃない

定期的なお給料に安心しきらず、10年先の自分はどうなってるか?想像するのはむずかしいことかもしれないけれど、考える。

今から考えて実行すれば10年後の自分は、10年前の自分に「ありがとう」と言えるかもしれない。

そこで「生活レベルを上げっぱなしにすることは危ない」と感じたのです。

同時に「今の年収がピーク」と思って暮らしてみようと決めたのです。

今の年収がピークだと仮定して暮らすこと。

これを徹底することで暮らしの安定、心の安定につながる。

さらに自分のため、家族の為に投資が可能になり、地に足のついた落ち着いた生活が継続できるのだと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ

スポンサーリンク