ゾンビ人間にならないために、成功体験はリセットする。

過去の成功体験をリセット

先日、2泊3日の旅行へ行ってきました。

1年振りの旅行で感じたことは、「成功体験を忘れる(リセット)することで人は進化していく。でなければ過去に引きずられて退化するのだな」ということでした。

以前にも、過去の成功体験を忘れて、自分に飽きない人生にしようと綴りましたが、誰だって自分が一番大切。

今を生きるため、過去の成功体験というのは強烈なインパクトを残します。

「とりあえず、これをやっておけばOKだよね。」と。

しかも「それが正しい」とばかり思い込んでいる。

比べないことも良いけれど、比べるものがないと、人はどんどん退化していく。

 

ゾンビ人間

今回の旅行で1番に感じたのは、「過去と同じことをやってる人はゾンビ人間になる(と同じだ)」ということでした。

ゾンビ人間・・想像するだけでゾッとしてしまうけれど、リアルにうじょうじょ居る。もしかして、私もなりかけてるのかも?

だけどゾンビ人間だけにはなりたくない・・。

そしてゾンビ人間だけは絶対イヤだから、過去の成功体験は進んで忘れ、捨て、新しいノートに書いていく。

数年前まで、過去の成功・失敗体験は人生の肥料になると信じていたのですが、今考えてることは、肥料の種類は選ばないといけないということです。

生活の中での退屈感、やりたいのにできない自分にモヤモヤしたり、思うように進まない現実に苛立ちを覚えたり・・。

 

数日の旅行でも多くの気づきを得られる

本当は一週間や長期の旅行をしてみたいけれど、数日でも多くの気づきを得られますね。

どうしてここには人が集まるのだろう?

なぜここは廃れているのだろう?

いつもの場所から離れるだけで、考えや物の見方が変わるのですね。

スポンサーリンク