運気が上がったのは玄関掃除のおかげかもしれません。

運気を上げるために玄関掃除を欠かさずしています。

それからの我が家は、少しずつですが、
金運と家庭運がよくなってきた気がしていました。

でも「気」じゃなくて、本当のことだったのです。

「部屋の掃除」は忘れないけれど、
「玄関掃除を毎日」すると言うと、
ピンと来ないかもしれません・・。

でもでも!!
「玄関掃除の効果はすごかった」

 

スポンサーリンク

玄関掃除を毎日して3つの運が上がった

(1)給料アップ

お金のことで悩み、節約第一!
毎日一円単位をきにして生活していたのが
夫の給料が上がり、昇進、昇給。
生活が「ぐん」と楽に。

 

(2)臨時収入

くじ運ゼロの夫婦でしたが、玄関掃除をはじめてからぼちぼちと臨時収入が入ってきたのです。

最初は、100円、500円と小さなお金でしたが、1000円~10000円のと大きなお金になってきたのです。

 

(3)希望の住居に引っ越し

玄関掃除、風水、引き寄せの法則をフルに使って
3年が経った頃、「住みたいな」と思っていた
賃貸マンションに引っ越しが実現。これには驚きました。

不思議ですが、良いこと、望んでいたことがジワジワと実現するようになったのです。

この時期は、引き寄せ系の本、富と成功をもたらす7つの法則  や、すべてのお金の悩みを永久に解決する方法 を熟読し、とにかくできることは小さなことでも何でも実践しました。

運気アップにしたことNo.1:玄関のたたき掃除を念入りにする

ガラクタ捨てれば自分が見える

わたしが玄関の拭き掃除をスタートさせたのは、
風水の本がきっかけでした。

特に玄関のたたきの拭き掃除を念入りに。

 

運の入口である玄関:良い物も悪いものも全て家にいれてしまいます

玄関掃除をしていなかった頃の我が家は
「金運」に恵まれていませんでした。

頑張って働いて、節約して我慢しても
入ってきたお金が、湯水のごとく流れていってしまっていました。

更に、わたしが皮膚病になってしまい、漢方治療に30万円。
貯金がガクンと減ってしまったときがありました。

家計に大きくダメージを与えた医療費。

 

玄関掃除は毎日:特に「たたき」をしっかり

気になって目にとまった運気アップの本を読むと

「玄関掃除を毎日して、特にたたきをしっかりと!」
と書いてありました。

「あ、家の玄関一度もたたきの拭き掃除ってしたことないな~。」
と気がついたんです。

さっそく、玄関掃除をスタート。

玄関って、一日だけでも結構汚れています。

たたきそうじを始めてから1年。
夫の収入が上がり、さらに転職も決まりました。
住みたいと思っていた家に引っ越すこともできた。

毎日コツコツ続けて・・じわじわと効果が出てきました。

 

玄関掃除を欠かさないでいると、お金の神様に好かれる。

「お金の神様」って言葉を時々聞くけれど、本当に居るのでしょうか?

人間って、素直な方が人にも神様にも好かれるんだとおもいます。

特に玄関は運の入口。

なのでまめに玄関のたたきの水拭きは欠かせません。

それにプラスして、「子育て」「玄関掃除」の組み合わせが良いということ。

 

子どもは素直だから家の運を背負う

玄関掃除,効果,子ども

建築家・実業家 Dr.コパさんの 開運風水格言集 で知ったのです。

子どもは素直なので、家の運を背負う。

玄関をきれいにしておかないと、家に侵入してきた不運を子どもが吸収してしまうのです。

子どもは素直で若々しくて吸収力があること。環境の影響をとても受けやすいということです。風水は子どもに効きやすいと言われています。

家のパワーは幸運も不運も、寝ている間に吸収されやすいので、寝ている時間が長い子どもは、影響をうけやすいこともあります。

子どもには風水がよく効く 参考・引用:Dr.コパの開運風水格言集

 

わたしは子どもがいないので、子どもの居る生活は想像の世界なのですが、子どもがいると、玄関は砂や泥ですぐきたなくなってしまうでしょう…。

ですが、Dr.コパさんが言うには、運気を上げるなら「どんなに忙しくても玄関のただきの水拭きだけは欠かさないという意気込みで水拭きしてくださいね。」ということです。

 

わが家も玄関掃除をマメにしています

玄関掃除は気持ちがサッパリし、玄関周りの空気もキレイになるんですよ。

風水って聞くと、なんだか胡散臭いかんじですが…

そんなわが家は、結婚当初は玄関掃除を1度もしたことがありませんでした。

その間の生活はと言うと、金運が巡ってこなかったし、病気になったり、貯金がスッカラカンに…。

だから運が良くなかったんだとあの頃を振り返っています。

ですが、玄関掃除を毎日せっせと始めてから1年。

生活がスルスルっとラクになったのです。あの時は、必死だったので周りが見えなかったけれど、今振り返ると、玄関掃除をつづけることで心も磨かれていったんだとかんじています。

「これは自分にも取り入れられそう」というものは、ゆるい感じで取り入れてもいいですよね。

そのくらいのゆるさが、玄関掃除を続けるコツとかんじています。