思いっきり掃除をしたくなるとき。 それは、あなたが変わる前触れかもしれません。

無性に部屋を片付けたくなる。それは…「運気の変わり目」

無性に部屋を片付けたくなる時って、なぜ前触れもなく突然やってくるのでしょうか。

それも大工事のように家全体の片付け。

家にある物を整理。必要のないもの・使っていないものを処分!

部屋全体がより明るく、風通しの良い家に変わります。

でも…?日が経つと、また物は溜まっていくのはどうしてでしょうか?

 

過去の残留エネルギー

出来るだけ物を増やさない生活をしているのに…何だかすっきりしない…。

「一体何が増えているんだろう?」と部屋全体を眺めて気が付いたこと。

 

  1. 過去の想い
  2. 過去に染みついたエネルギー(気)

 

この2つでした。

例えば、プレゼントや頂き物。頂き物やプレゼントは嬉しい。

ですが、その人の気・エネルギーがたっぷりとついています。

~運と心の変化~

今まで「お気に入り」だったものが「なんだか違うな。」という感覚になる時。

最近の私は、何とも言えない「居心地の悪さ」だったり「しっくりこない」感じでモワーっとした気持ちでした。

 

良いエネルギーを持った方のプレゼントは嬉しいですが、

反対に悩んでたり、うまくいっていない方からのプレゼントは、全体的に良い空気が流れていません。

その相手のエネルギーをモロに受けてしまうこともあります。

 

思いっきり片付けたいは「変化」のサイン

「なんかちがうな」という時は、変化の時なんだと思います。

サナギで例えるとサナギから蝶になったのに、まだその「サナギの抜け殻」を持っている感じ。

うーん、うーん。なんかちがーう!!

それで「なんかちがうな」と思う洋服を一部断捨離しました。

3年前に購入した洋服、インテリア用品、布類。

捨てると、空いた空間にはスカッとした空気が流れました。

 

新しい情報、新しい価値観が生まれる

今まで、沢山の「モノ」「ココロ」を捨ててきました。

だけど、それでもですね、「いらないもの」って出てくるんですよね。

3年前に大切にしていたものが、急に「もういらない」となって、全部捨てたくなりました。

どうして、あんなに好きだと思って買ったものなのに。モノの価値というのは、永遠には続かないのかもしれません。

 

「運」と「心」

~人・物は常に変化し続ける~

運気を上げるにはは、断捨離と手放しをして新しい空間をつくること。

気持の変化もあるけれど、風水では「運」の性質をつかむヒントでもあるんだそうです。

運と心。このふたつは、絶え間なく動き、変化を繰り返している。

だから、物の価値も変わり、自分も常に変化している。

世間の「常識」と言われていることも変わらないようで、少しずつ変化しているものなんですね。

「運」は変化しながらつかむもの。

だから、不運だと思うことも、幸運だと思うことも常に一定はなくて、変化があってこその人生なのでしょう。

そして、過去の思いやエネルギーから新しい方向へ力を注ぐ時期。

思いっきり片付けや掃除をしたくなるときは、人生の流れが変わる前触れなのかもしれませんね。

 

自分に合わない物は手放す

~合わない「モノ」があると運気の妨げになることがある~

例えば、長年付き合ってきた友人。あれれ?最近なんだか合わなくなってきたかなあ?という事と似ているかもしれません。

運気を上げるにはは、断捨離と手放しをして新しい空間をつくること。気持の変化もあるけれど、風水では「運」の性質をつかむヒントでもあるんです。

 

1年間使っていないなら、それはどこか他の場所にあるべきモノ。

~1年以上仕舞いっぱなしのモノ、ありませんか?~

わが家は、けっこう、あります。「使っていないモノ」が・・。

今回、小物ケースと洗濯板を捨てました。その時は必要で買ったものが、いつか使わなくなる時が来ます。

「これが今の私のライフスタイルにあっているから。」と買って輝いて見えて使うたびに嬉しかったもの。

それがいつからか自分の目に入らなくなって奥に仕舞われて何年も・・。

 

こだわりをもって買ったものが「こだわり」に縛られて辛くなるとき

以前、管理人は洗濯板を使って洋服の洗濯をするのにこだわっていた時期がありました。

買った当時、出来るだけ電気を使わない暮らしをしたかったんですね。

ナチュラルライフに憧れていて石鹸を使って洗濯板で衣類を洗っていた時期がありました。

はじめは洗濯板を使った洗濯が楽しかったんだけれどいつからか「なんでこんなことしているんだろう?」と疑問に感じるようになって洗濯板は使わなくなりました。

 

「楽しみ」が「苦痛」に変わったら潔くやめてしまうこと

洗濯機よりも洗濯板を使ったほうが早く洗濯が出来るのですが、他にするべき家事、趣味の読書に充てる時間が減ってしまいました。

自分にとって「心を養う大切なコト」に時間をかけられなくなったことがストレスになってきてしまいました。

なので、処分したところ、がんじがらめになっていた心の固まりがほぐれていくのを感じたのです。

 

定期的にモノの点検をして整理する

そして、定期的に家にあるモノの点検をしましょう。

着なくなったブランド服は、無料で買取できるファッション買取専門の ブランドゥール が中古服にしては、1枚300円以上と、良いお値段になりました。

 

 

中古ブランド服は、フクウロの宅配買取サービス が得意としています。以前はファストファッションも買取可能でしたが、現在はブランド服専門となっているので、1枚数万円と高価な洋服は無料で査定できるフクウロに出して部屋の片づけをしてもいいですよね。

私は主にフクウロで洋服の断捨離をしました。もちろん、査定後のキャンセル料もかかりませんよ。

 

 

こだわりを持つことって素敵なことに感じるけれど見えない鎖でがんじがらめに自分を縛り付けていることもあります。

整理・処分。そして固執しないこと。

思いっきり掃除、片付け、整理したい時。

それは、あなたが変わる前触れかもしれませんね。

この一年間につかっていないなら、それはどこかほかの場所にあるべきものと心得ましょう。

スポンサーリンク