「なんか違うな」それは、「運と心」の変化の印。

運と心の変化の印

無性に片付けたくなるときってありませんか?

今まで「お気に入り」だったものが
「なんだか違うな。」という感覚になる時。

最近の私は、何とも言えない「居心地の悪さ」だったり
「しっくりこない」感じでモワーっとした気持ちだったんです。

まさにそれは「変化」のとき

断捨離,無性に片付けたくなる,変化,運気

「なんかちがうな」という時は、変化の時なんだと思います。

サナギで例えるとサナギから蝶になったのに、

まだその「サナギの抜け殻」を持っている感じ。

うーん、うーん。なんかちがーう!!

それで「なんかちがうな」と思う洋服を一部断捨離しました。

DSC05121

3年前に購入した洋服、インテリア用品、布類。

捨てると、空いた空間には
スカッとした空気が流れる。

新しい情報、新しい価値観が生まれる

今まで、沢山の「モノ」「ココロ」を捨ててきました。

でもね。
それでも「いらないもの」って出てくるんですよね。

3年前に大切にしていたものが、
急に「もういらない」となって、
全部捨てたくなりました。

どうして、あんなに好きだと思って買ったものなのに。
モノの価値というのは、永遠には続かないのかもしれません。

定期的にモノの点検をして整理する

定期的に家にあるモノの点検。

着なくなったブランド服は、ブランドゥールが比較的高額でした。




ブランド古着は、フクウロの宅配買取サービスがおススメです。

運気を上げるにはは、断捨離と手放しをして新しい空間をつくること。

気持の変化もあるけれど、
風水では「運」の性質をつかむヒントでもあるんです。

「運」「心」

この2つは、絶え間なく動いていて、
変化を繰り返している。

だから、物の価値も変わるし
自分も常に変化していく。

世間の「常識」と言われていることも
変わらないようで、少しずつ変化しているもの。

「運」は変化しながらつかむもの。
だから、不運だと思うことも、幸運だと思うことも
常に一定はなくて、変化している。

良い運も、悪い運もあって人生。
だから、変化を受け入れながら
これからも生きていこう。

そんなことを考えながらの「断捨離」でした。

関連
思いっきり片付けや掃除をしたくなるとき。 それは、あなたが変わる前触れかもしれません
1年間使っていないなら、それはどこか他の場所にあるべきモノ。

スポンサーリンク