自分は自分。人は人。

朝起きて、ワクワクな気持が起こらず
エンジンがかかりませんでした。

家の掃除をしたり、整理をして。
コーヒーを飲んで、ぼーっとしていました。

自信が持てなくなるとき

私は、時々、自分のしていることに
自信が持てなくなってしまうときがあります。

それは、自分にもっていないものを
持っている人が、つよい意見を発した時。

「どうしてそんなこともできないの?」

そんなことで、凹んでしまうことがあります。

それは、健康のことだったり、社会的なものだったりします。

誰だって、1つや2つ、あるかと思います。
「突かれたくない部分」が・・。

自分で自分を、がんじがらめにしてしまうときってありませんか。
口にしないだけで、平気なフリして生きているだけです。

みんなちがう

同じ「人間」だけれど、
やっぱりみんな1人1人違って
顔も違うし、考え方も違うこと。

経験してきたことだって同じじゃない。

それを「そんなことも知らないの?」とか
「常識でしょう?あんたが非常識なんじゃないの?」

鋭い言葉でスパッと切れ味よく斬る。

でも、傷つく必要もないし
落ち込む時間がもったいないんだ。
そんなことに、気が付いたんです。

経験してないことは想像の範囲でしか考えられない

私もそうなのですが、他人の経験談というのは、
自分が経験していないと「想像の範囲内」のことしか
想像できないし、考えられません。

だから、自分の経験していないことに関しては
つよく言えないし、相手をを正したり、できないんだ。
ということ。

あと、自分の知っていることが
相手も知っているとは限りません。

自分の常識は非常識

それを「知らないなんて・・」と思うより
知ってることを相手に教えてあげれば
お互いに幸せになれるんだと思うんです。

でも。
こんな言葉を言う人が居るおかげで、
少しずつ、心の筋力が鍛えられている。
そんな気もします。

「そんなことも知らないの?」とか
「なんでそんなこともできないの?」

そんな言葉を鵜呑みにしない。気にしない。

「自分は自分。人は人。」

オスカー・ワイルドの言葉で

人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑なのだ。
人生はシンプルで、シンプルに生きたほうがいい。

他人の言葉で、自分の人生を複雑にしない。
他人の言葉で、自分にウソをつかない。