「お買い得」はおトクじゃない。

お金,幸せ

お買い得ってほんとに得なの?

シンプルライフをおくりたい。
ガラクタ捨てれば自分が見えるを読み直し、再び断捨離をはじめました。

しばらく使っていないモノ
あまり好きに気になれなかったモノ・・
少しずつ、処分をして気がついたんです。

世の中に「お買い得」なんて何一つない。
ということ・・。

「お買い得セール」「割引」
の広告をみると、ついついお財布のヒモが緩んで買っていた。
そんなことが、数えきれないくらいありました。

でもね。
セールで買ったものは、果たして今でも大切につかっているか?
というと・・ほとんど使っていないし、捨ててしまいました。

結局さいごまで使い切っていないんですよ。
これこそ、安物買いの銭失い。

「一円でも安いもの」
「セールで買った方がお得だから」
「定価で買うのは損だから」

自分に都合よく言い聞かせて、買った。

セールで買ったときの心境を思い出してみると
「損か得か」で考えていることでした。

お得に買う気持ちも大切です。でも・・。

小さなお金も・・チリも積もって大金に。

それ以上に「そのモノ」を長く大切に使えるか?
ライフスタイルに合うものか?

モノも、お金も、人生も限りがある・・。
だから、よく吟味して買う気持ちって、すごく大切。

賢くお金を使っているつもりだったけれど
じつは、お金、幸せ、時間、資源、エネルギー・・

挙げればキリがないですが、全てにおいて
「無駄づかい」をしていたこと。

小さなお金もチリも積もれば大金になります。

DSC09847

惚れて気に入ったものって
定価でも、お金を出して買いませんか?

高くても定価で買ったものは
いつ見ても豊かな気持ちになりますね。

愛着のわくモノは思い出になる。人生が豊かになる。物語が生まれる。

使うと嬉しい→大切にする→愛着がわく
モノを通して思い出ができる→人生の物語が生まれる→お金に感謝する

世の中に「お得はない」と、しっかりと記憶して
お買い物をすること。納得してお金を出すこと。

プラスの感情+プラスの行動の積み重ね。
そして、お金もモノも、望み通りに近いモノを引き寄せやすくなる。
と感じています。

スポンサーリンク