【タンスの中公開1】洋服を断捨離して感じること。

断捨離,買取,フクウロ,服

ずっとタンスの肥やしにしていた洋服を、
今月のはじめ、思い切って宅配買取に出しました。

買取体験記はこちら:モノが減るとココロの負担が軽くなる。

スポンサーリンク

タンスの中公開

タンスの中一部を公開します。
こちらは、まねきの洋服コーナーでございます。(店員風)(^^;)

dsc01618

この中に入っている洋服の8割は
何年も長く着ている洋服です。

そう、「お気に入り」コーナーの完成です。

洋服をきれいに畳む気分になれた

タンスの中に、空間がでました。

買取に出す前は、ごちゃごちゃ。

さらに、畳むのが大の苦手なので、
最近まで、取り込んだ服を適当に畳んで放り投げていました。

買取に出して、洋服の数が減ってからは、
今のお気に入りの服が残り、
「きれいに畳もうかなっ。」という気分になれました。

…と言っても、私は、ほんっとーうに、
畳むのが得意じゃないのです…。
だから、これで許してーー(汗)

洋服の買取をしてから感じること

無料買取サービスの フクウロ でお願いしました。

他店で査定額1円だったブランド服が、
フクウロで一着300円になったのは驚きでした。

不要になった服をお金に換えられるのは、
ありがたいシステムだなーと感じています。

配送料や査定料金がかからず、

無料で入金まで行ってくれるからです。

「この服来年には着ないかも?」

その予感は当たっていて、
タンスの肥やしにする可能性が高い。

タンスの肥やしにするくらいなら、
服を買取に出してお金にかえれば、
新しいファッションに挑戦することもできるのです。

大事な「一着」が何年もお気に入りになる

買取に出した洋服を振り返り、
洋服を購入するまで考えた時間。

リサーチ、比較検討した時間…。
探す労力だってかかります。

最後は、それに掛かったお金。
トータルで考えると、
大きな時間とお金をかけていることになります。

だけど、タンスの中をみて気がついたことは、
簡単に手に入れたものは大事に扱わない、ということです。

やっぱり、吟味し、大切なお金で買った「一着」が
何年も自分に寄り添い、
オシャレ人生を上げるアイテムになるんだ。ということでした。

フクウロの宅配買取サービス

スポンサーリンク