幸せの持続するお金の使いかた

旅,旅行,旅のような人生

幸せの持続するお金の使いかた

今までのお金の使いかたを振り返ると、幸せが持続しない「消費」ばかりでした。

シンプルライフをはじめて、断捨離を進めていくと、今まで残ったものって何だろう?と思うようになりました。

「幸せの持続するお金の使い道」って、高級なもの・ブランド品・洋服に限定されたことでもなく、どこかに出かけて体験したことだったり、人との出会いで感じたできごとだったり…。

旅ドラマ「深夜特急」

「旅」といえば、作家 沢木耕太郎さん著書の「深夜特急」

大沢たかお・松嶋菜々子さん主演のドラマ「劇的紀行 深夜特急」を観たくなるんですよ。もうねー、ほんとうに大好き!

旅の始まりは香港から。バックパッカーとして、インドのデリーから、イギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く「ぶっ飛んだ」ストーリー。

Wikipedia➤バックパッカーとは


深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

1996年のドラマなので、当時わたしは小学生w

ドラマを知ったのは、25歳の結婚する年でした(笑)

けっこう古いドラマですが、これが古さを感じないんですよね。
そして、毎回見る度に、気づきがあります。

対して重要じゃないことが、実は人生豊かに生きるために大事なこと

いかに、日常生活が、ギチギチのコチコチの頭で生きていることに気がついたり。

とくに、いまシンプルライフを送るようになってから、深夜特急に学ぶことって多いかもしれません。

お金のないバックパッカーが、お金だけじゃない「体験」という、こころにずっと残る大切なものが、どんなことなのか?

対して重要じゃないと思っていることが、実は人生豊かに生きるために大事なことなんだよ」と、ドラマからメッセージが伝わってきます。

わが家はテレビを観ないし、今のドラマって、早口で賑やかすぎて、どうも好きになれません。

でも、深夜特急には、今のドラマにない、旅のような人生をおくるシンプルライフのヒントが、つまっていますね。

もう少し身軽にしたい

固形物の「モノ」より、こころに残る「たましいに響くできごと」なんだなと分かったんですね。

そんな大切なことに気がつかないまま、今まで生きてしまいました。

でも、これからは、こころに長く残る、「幸せが持続するお金の使いかた」へシフトしていきたいです。

それは、旅のような人生につながり、もっと身軽に生きていけるんじゃないかと感じています。