冷蔵庫とお金の関係。冷蔵庫が片づくと貯金が加速するのは何故?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

冷蔵庫を開けば、いつもごっちゃごちゃ。

いつ買ったのか思いだせない食品…。化石化してるけど、捨てられない冷凍品…。

いつまでも、ごっちゃごちゃ…。ため息がでてくる…。

そんな、満員電車のような冷蔵庫からすっきりとした一流ホテルへ。

すると、お金が貯まり料理の時間短縮になることがわかりました。

冷蔵庫のシンプル化計画・6か月目

シンプルライフ,断捨離,.台所,冷蔵庫,使い切る

6カ月前からはじまりました、冷蔵庫シンプル化計画

途中、ハプニングがあったり、事件があったりしましたが、目標の「小さな冷蔵庫にする」まで来ました。うーん、順調に進んでいます。

あ…さいきん、夫がでっかい中濃ソースを買ってきた事件があったんです…(汗)

夫のお弁当に、「ソース焼きそば」を作りまくって消費する予定(笑)

冷蔵庫がスッキリするとお金が貯まる

冷蔵庫を小さくしようと決めてから、夫をほったらかし気味になるまで、毎日冷蔵庫のことばかり思っていました。

そして、冷蔵庫の中を片づけていくことでわかったことをアップします!

冷蔵庫の中がスッキリすればするほど‥。

  1. 買い物回数が減る
  2. 時間が増える
  3. 料理がシンプルになる

時間短縮・節約につながったのですよ

お金を貯めるポイント①食品ロスを出さない

冷蔵庫さえ片づければ、なにもかもうまくいくにも書いてありますが、家全体の片づけ・お金を貯めたいなら、「冷蔵庫」から片づけることがポイント。

[aside type=”boader”] 引用

全てのモノがここにあり、すぐに使えると「把握できていること」は、とても大きな幸せに結びついています。モノが片づけられないと悩む多くの人のもやもやした気持ちとは、モノを把握できていない不安から来ています。どのくらいあれば適正量なのかというのがわかっていないというのは、自分で自分の暮らしをコントロールできていないということになります。[/aside]

①冷蔵庫を整えることで把握できる→②家全体の片付けもスムーズになる

食品ロスは、一家庭で月3000円近くの食べ物を捨てているデーターがあるくらいですから、「これが普通の量」と当たり前だと思ってる量は、じつは「買いすぎ」ているのです。

お金を貯めるポイント②使いきる工夫

シンプルライフ,断捨離,.台所,冷蔵庫,使い切る

使いきることを意識して取り入れた「日付記入」

購入日か、賞味期限を記入すると、食べ物の優先順位がつき、期限内に消費しやすいことがわかりました。

これは、写真でわかる! 家事の手間を9割減らせる部屋づくり の本を参考に取り入れました。

使い切れなかったハーブを捨てて思うこと

使い切る生活を心掛けてはいるけれど、それでも「もう使えないな」「食べられないな」

というものを作ってしまうときがあります。

ちょっと話が脱線してしまうのですが、3年前でしょうか、「カモミールティー」に凝っていた時期がありました。

カモミールティーでも、粉末ではなくカモミールをそのまま乾燥させた物からお茶を淹れるのにこだわっていました。

少量サイズだと割高なので、大容量サイズのカモミールを購入したのです。(確か500gはあったかと)

だって、その方がお買い得だし、安いから‥。

ですが1年、また1年と何年経っても使いきれず、タイムオーバー。

品質も味も落ちる。飲み物にするのにはちょっと無理がありました。

食べものだとダメになったのが目に見えて分かるから仕方なく捨てられる。

ただハーブは。生ものと違って腐らないから捨てるに捨てられず…。

ハーブは入浴剤として使えるので、岩塩と混ぜて使いましが、結局の所、お得で買ったのに飽きてしまうことが多いのです。

染み付いた習慣はなかなか取れない

冷蔵庫のシンプル化計画を始めたと同時に、古くなったハーブを捨てた。

それで分かったことは、長年くり返し行ってきた習慣の「染み付き」が取れない。

当時は「買わないために大容量サイズを買った」と賢い選択をしていると自信を持っていた。

実のところ小さなお金を垂れ流しているようなものでした。

ガスコンロに例えると汚れた時にサッと拭けば取れる油汚れ。

数日・一週間…と置いておくとしつこいこびり付きになる。強力洗剤を使わないと取れないのと似ています。

長年の習慣で染み付いた「ムダづかいの習慣」を使い切る生活習慣へ変えています。

痛い思いをして見えた買い物習慣

一つ一つ「痛い思い」をしながら自分の買い物の仕方を見つめなおす作業になります。

嫌な気持ちになるときもあるし、意外な人に価値観を植え付けられていたことにも気がつく。

買い物の仕方を見直すと同時に、親の買い物の仕方に似ていたこと、代々続いてきた消費の仕方が見えたりもしました。

使い切る生活に切り替えてから、何だか生き方を変えていくこともできるんだなぁ、と感じています。

ですが、大量に物を買っていたころと比べると、家の中、冷蔵庫の中、収納ケースの中。

スッキリして常に頭の中で管理しなくても消費できる量になってきたのです。

冷蔵庫を片づけるメリット

シンプルライフ,断捨離,.台所,冷蔵庫,使い切る

話を「冷蔵庫が片づくと貯金が加速する」に戻しますね。

片づけ・整えることで、たくさんのメリットがあるとは、ゴチャゴチャの冷蔵庫だったときには想像もつきませんでした。

野菜室も、以前はギュウーーーーギュウゥだったのですが、ここまで使いきる習慣がつきました。(野菜室が汚いのは相変わらずですが)

シンプルライフ,断捨離,.台所,冷蔵庫,使い切る

少ない物で「いまあるもの」に集中

シンプルライフ,断捨離,.台所,冷蔵庫,使い切る

どこかで聞いた話なのですが、人間の脳って2割くらいしか使われてないそうです。

ということは、8割の脳はなにしてるんじゃい?

って感じなのですが、人間の仕組みって、じぶんの都合のいいようにあまり考えないようになっているのかもしれません。

それで思い出しました。

人生も、冷蔵庫もおなじでモノがすくないと「今あるもの」に集中できる。

「うわ、冷蔵庫でまた頭おかしいこと言っちゃってる」って聞こえてきそうですが‥。

モノが多すぎると、脳からたいせつな情報が溢れちゃって流れていってしまう。

お金が貯まり人生が豊かになる

冷蔵庫を開けば、いつもパンパンで買いだめしまくっていたけれど、冷蔵庫がスッキリしてシンプルになると、生活の質まで上がり、さらに、お金が貯まるスピードまで加速すること。

ギュウギュウだった冷蔵庫を片づける→一流ホテルのような冷蔵庫へ

  1. お金が貯まる
  2. 料理の時間短縮
  3. 買い物回数が減る
  4. 時間が増える

時間短縮・節約に。

「お金が貯まらない」と悩んでいたら、食費の節約に走るまえに‥。

まずは、目の前にある「冷蔵庫の中の片づけ」だと感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加