【洗濯機の時短】いつもの習慣をちょっとだけやめた

「本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考えかた」の言葉に惹かれ

Amazonの紹介で気になっていたやめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方を読んでみました。

漫画家の「わたなべぽん」さんというかたが

あたり前のように使ってきた道具、「こうしなきゃ」と思っていたことをやめていくストーリー。

《広告》

いつもの習慣をちょっとだけやめてみる

  • 第一章:家の中からやめてみた
  • 第二章:身の回りのものでやめてみた
  • 第三章:心の中もやめてみた

もうね、絵が「ププッ!!ww」と笑いが出てきちゃう。

しかも読んだ後ほっこりするという、ツボな漫画。

シンプルライフ,やめる,洗濯機

あまりにもツボだったので、隣でパソコンをしていた夫に

「ねぇねえーー!見てみて!!この人の描く絵、お腹の底から笑いのツボがジワジワやってくるんだけれど!」

…と見せたら「うわっ、なにこれ!」と二人で爆笑。

洗濯機の「いつもの習慣」をやめる

それで、わたしは今まで「これはやめてもいいんじゃないか??」の「いつもの習慣」をやめてみました。

それは…洗濯機!!

シンプルライフ,やめる,洗濯機

洗濯機って、「ピッ」とスイッチを入れて通常コースを選択。

1回の洗濯で51分かかるのです。

シンプルライフ,j時短,やめる,洗濯機

毎回丁寧に洗いすぎてる?

どこから教わったのかも記憶にないのですが、「洗い9分・すすぎ2回はちゃんとしなきゃ」と思っていました。

しかし、よーーく考えてみると

毎回、毎日まいにち、そんな丁寧に約1時間もかけて衣類を洗う必要ないんじゃない??とかんじたんですね。

シンプルライフ,j時短,やめる,洗濯機

もしかして、衣類を洗いすぎてるんじゃないの…?

それで、いつもの設定を変えました。

  • 洗い:9分→6分・3分
  • すすぎ:2回→1回・ときどき2回

シンプルライフ,時短,やめる,洗濯機

習慣が思考停止する

そうすると、51分の洗濯時間が、38分まで短くなりました。

あたり前といえば、当たり前ですが、「習慣」というのは思考停止するんだとハッとしました。

シンプルライフ,やめる,洗濯機

毎回丁寧に洗濯していたのですが、これってもしかすると

テレビや、常識に洗脳されていたのかもということです。

やめると時間が増える

ほら、洗濯洗剤のCMって「繊維の奥まで汚れが~」とか。

お父さん、成長期の男子の「汗のイメージ図」とか黄色いホワホワ~っとした空気がただようシーンがありますよね。

それが脳に焼き付いて、毎回毎回、時間をかけて洗っていたんだなーとわかりました。

洗濯時間が減れば、それだけほかの時間が増えるということです。

「いまの時代、人間、そこまで汚くないでしょう。」

そんなことに気がついた、わたなべぽんさん著書 やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方 でした。