お金はあなたを幸福にしない。だけど、神経を鎮めてくれる【発想の転換】

お金があれば安心…?

でも、お金があっても不安になることがある。

だけど、お金がない時よりも、お金があるときの方が心はゆったりと構えられている。

そんなことを思い出したのが、半年以上前に購入した本をほとんど読まず押入れの中に入れっぱなしだった 人生改造宣言―成功するためのセルフコーチングプログラムを読みはじめてからです。

人生改造宣言,お金,幸せ,発想の転換

Amazonの「あなたにおススメの本」で表示されていたんですね、それで「人生改造宣言」なんてボーボーみなぎるパワーにヒューっと惹かれて買ったのです。

読まずにいたのは、文字が小さい、文字数が多い、長時間読むのに「ふんっ」とちょっぴり気力が入りそうだったから…。

だけど正直、「もっと早く読んでおけばよかったかな。」と今思っています……。

どうしてかというと、そこらへんに売ってる今流行りの文字が大きく・空白の多い、やさしーく書かれた「お金のこと」「節約」「人生とは?」系の本より、何百倍も役立つ内容が盛り込まれていると感じるから。

《広告》

その中で、ある言葉が勢いよく心に突き刺さりました。

金はあなたを幸福にはしないが、神経を鎮めてくれる

金の欠乏は諸悪の根源 / サミュエル・バトラー」

金はあなたを幸福にはしないが、神経を鎮めてくれる / ショーン・オケーシー」

お金があれば幸せになれると思って頑張ったり、収入を上げることをしてきた。けれど、ずーーっとその幸福が続くわけではない…そんなことが最近わかってきた。

じゃあどうすればいいのよ?っていつになっても手に入らない幸せってなんだろう?と、気が狂いそうになってしまう。

もしかすると、お金に幸せの色を付けること自体が、根本的にズレているのかもしれません。

だけど、本に書いてあるように、お金が神経を鎮めてくれるのは確かだなぁ…と。

半年から2年分の生活費を蓄えておくこと

しかも、具体的な方法が書いてありました。

半年から2年分の生活費を蓄えておけば、自営業でも会社員でも、仕事において大変有利です。

貯金をもっている人は、困った客と仕事をしなくて済む確率が高くなるのです。

もしお金に困っていたら、どうしても自分の基準に妥協をしてしまい、来る人拒まずという状態になりがちです。

第3章ーお金を自分のために働かせる

確かに半年から数年の生活費の蓄えがあれば、かなり精神的にゆとりができる。

それで気がついたのだけど、なんといっても…!!自分にとっての”イヤなこと”から避けることがお金によって解決することだってできる、イヤな思いをすることが減るということです。

これがお金が十分にないと、諦めるコトが多い。妥協する。人生がイヤになる…。

お金は人をずっと幸せにする効果は薄いかもしれないけれど、イヤなこと、不快な思いをする場面だったり機会が減る。

それって、快適につながるからイコール幸せにつながるんじゃないかと…。お金に幸せを求めると人生辛くなっちゃうけれど、発想の転換をしてみると、ああ、お金っていいなぁ、と感じます。

本との出会いは恋人探しのようだ

楽天の口コミにもありましたが、人生改造宣言は、手元に置いておきたい本であることは確かです。

本との出会いって、まるで恋人を探すような感覚で、ハズレの時だったり、あまり長く読まない本があるけれど、こうして時々長い人生に役立つ本に出会えると、生きる勇気にもつながる。

振り返ると、いつも手元に残して読み返す本というのは、あまりにも優しく書かれた本ではなく、自分にとって、難しかったり、1度や2度読んだだけじゃ理解できないような本が多い。

良い本は干物のスルメのようだ

例えがオヤジすぎるけど、干物のスルメのように、噛めば噛むほど味わいが出ててくる…というのに似ている。(やっぱりオヤジ思考すぎる…わたしは男性脳が強いのかな?)

もう少しオシャレに言ってみると、砂糖菓子。今時のスイーツですか…。

口に入れた途端「ホロホロ」溶けてしまうような優しい本も気軽に読めていい。だけど、そればかりだと、体に良くないのと同じで頭に良くないのかもしれません(笑)

これからも、運命の本探しの旅をゆらゆらぁーっとしていきたい。

【書籍の内容】

  1. 1. ナチュラルパワーを高める
  2. 2. 行動を整理する
  3. 3. お金を自分のために働かせる
  4. 4. 人生にもっと多くの時間をつくる
  5. 5. パワフルな人間関係を築く
  6. 6. 好きな仕事をする
  7. 7. 汗水たらさず、賢く働く
  8. 8. コミュニケーション能力をみがく
  9. 9. セルフケア
  10. 10. 最小の努力で成功をつかむ