ブログ運営で断捨離したこと。これからのブログについて。

わたしの気持ち100%

 

今日は最近思ってるブログに対する想いを話していきます。

 

ブログをはじめたころのわたしは、こう、自分の人生に自信を持てずにいました。

 

生活も余裕がそこまでなく、お金を稼ぐ力も持ってない、学歴もない。失敗の見本作のようだと自己卑下していました。しかもちょっと孤独感がありました。

 

今もそんなふうに感じてしまう時があるけれど、ブログを通して「つながり」を感じられることが増えたこと。

 

こう、心にじんわりと来ることが増えてきたんですね。あったかくなるというか…。ビュービューすき間風の心が少しずつ癒えてきたのです。

 

図書館で何度か借りた本の「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本 に書いてあったのですが、人って、つながりを感じられると孤独感が和らぎ辛いと感じる嫉妬心、罪悪感、孤独感が癒えていくんだそうです。

 

 

ブログは自己実現に向いてるのかもしれない

 

 

ブログというツールは、もしかすると自己実現に向いてるのかもしれない、そんなことを1年ちょっと続けてわかってきたことでした。

 

ですが、一時的に集中断捨離していたので色々なサービスを利用し、ブログで「ここのショップはおすすめですよ」なんて言いながらショップリンクを貼り…断捨離ハイってやつになっていました。

 

鼻息荒く興奮気味でキーボードを打っていたときもありました。

 

落ち着いた今、ちょっと(かなり)鬱陶しかったかもしれないな…と反省しましたね。ごめんなさい。

 

 

いつまでも憧れのままでいるんじゃない

 

 

あとは、憧れのブロガーさんが数人いて、その方のようになりたい、1ミリでも近づきたい!

 

そんな気持ちが強かった時もありました。でも、今は思うのはやっぱり自分のスタイルを確立していかないといけないんだということでした。

 

憧れを持つことはいいことだと思う。だけど、いつまでも「憧れのままでいるんじゃないよ」と…。

 

憧れから飛び越えていかないと、コピー人間のようになり、迷惑をかけてしまう。それ以上成長がないということに気がつかされたんですね。

 

憧れの人に甘えたままになっていたことに気がついて、猛烈に恥ずかしくなったんです。

 

 

気持ちの変化

 

 

その頃から、わたしの中で気持ちの面、考え方がブログをはじめたころと変わってきました。

 

ある方向が見えてきたというのでしょうか。

 

1.ランキングバナーを断捨離

 

記事下のブログランキングのバナーの意味を考え直すようになり、わたしにとって、いつも読んでくださる方にとって、このランキングバナーは絶対必要なのかな?と。

 

必要だったらつけていました。だけど、「いらない」とわかったんです。いちいちバナーを表示させても重いだろうと…。

 

1ヶ月くらいまえかな?外してしまいました。外してね、すごく心が楽になって、今まで以上にのびのび想いを綴れるようになりました。

 

あれですね、ランキングバナーを断捨離したのです(笑)

 

2.閲覧数(ページビュー)を断捨離

 

あと、閲覧数(ページビュー)もあまり意味がないと気がついて削除!数字で人の価値を測るのが好きじゃないってわかったんですね。

 

ブログって文字と写真がほとんどだから、キレイなところだけアップすることが可能です。気取ったり、リア充みたいに演出できることだって、なんだってできる。

 

キレイな写真だって、写ってないところはごちゃごちゃの可能性だってあるし。

 

そして、ページビューが増え、ランキングが上がるのを見ると、だんだん間違ったことをかけないと自分を苦しめるようになるような…。

 

だから成功したこと、間違っていない当たり障りのないことを書くようになってしまう。

それだけはやりたくないな、と感じたんですね。

 

だからブログでわざわざページビューを公開しなくてもいいかなと。

 

どうしてそうなったの?

 

 

生きてるといい時ばかりじゃないです。ダメなときもあるし、心が真っ黒になったり、意味不明になったりする。だけど、数字が目に見えると書きたいことも書けなくなってくるということを感じたこともありました。

 

それじゃあ、リアルと同じでブログの意味ないよね?と…。良い時も、悪い時も、気取らず淡々と綴っていきたい。

 

ダメな日はダメでいい、良い日は良い日でそれでいい。それでいいんじゃないかと…。良い日ばかりじゃ痒くなって気持ち悪いですしね。

 

これは、わたし自身、他のブロガーさんのブログを開く時感じた正直な気持ちでした。

 

その人のブログが人気になるにつれて、だんだんその人らしさが薄くなり、広告、宣伝の多いブログになっていき、毎日楽しみにしていたアクセス習慣が、だんだんと「疑う気持ち」になり、アクセスするのに構えてしまうようになってしまったから。

 

「また宣伝なのかな?」とか「広告かな?」とか、「同じ内容かな?」と。

 

 

ちょっとお茶して帰るみたいなブログにしたい

 

 

ブログを開く時に、疑いの気持ちを持たれないようなブログにしたい。構えてアクセスしたってしょうがないですもんね。

 

そうだ、最近どうしてるかな?今日はどうしてるかな?家に上がってちょっとお茶して帰るみたいな、そんな感じのブログにしていきたいな…と。

 

 

ブログに言葉という魂を刻み込む

 

 

もともとわたしは、あんまりキレイな言葉を発言するのに照れがある。

 

美しい日本語は好きだけど、自分がその言葉をブログに書くのが恥ずかしく、しかもそんな文才もなく、リアルでもお世辞とか媚びることに寒気を覚えるタイプ。要は嫌いなんです。

 

さらに話し下手で、リアルで空中空回りしまくっています。

 

ブログ内容は8割空回りしてるし、あれこれ自分の考えばかり綴ってる感がハンパないですが、もっとブログというノートに言葉だったり想いを刻み込んでいきたいと思うようになりました。

 

そんなふうに、これからもブログを続けていきたいな、と思っています。

 

関連記事