ちょっと割高でも「お試しサイズ」を買う理由

使い切る暮らしを始める前は、いつでもお得な大容量サイズを買っていました。

 

だって、小さいサイズより、いくらか安い。それなら安くて量の多いサイズを手に入れた方が賢いわよね♪…なんて(笑)

 

 

大容量は飽きてしまうことが多い

 

 

ですが、大きなサイズを買い続けることで分かったことは、使っているうちに飽きてしまうことの方が多い。ということでした…。

 

最近は「あえて小さいサイズ」を買うようになりました。

 

これ、わたしの中で小さなブームなのです。しかもお試しで使い切れるのが楽しい。

 

入浴剤のお気に入りメーカーのクナイプ から出ている ハンドクリーム なのですが、大サイズと小サイズがあったのです。

 

 

前だったら何の迷いもなく大サイズを買っていたけれど、あえて小さいサイズを購入。

 

ちょっと割高でしたが、小さいサイズだったら、途中で飽きてしまったらもう買わなければいい話。

 

 

スポンサーリンク

大サイズを買うのは後から決めても遅くない

 

 

使っていくうちに、良さって感じてくるものだから、その時大きいサイズを買おうか決めればいいのかな…?と思うんですね。

 

小さいサイズを使いきるころに、「やっぱりいいなぁ」と感じたので大サイズを買いました。

 

 

ハンドクリームって、ベタついたりニオイが残りやすいものがありますが、車を手放して電車移動が増えた今、あまりニオイが強いモノは避けるようになりました。

 

電車内のムワッとした空気にキツイ香りは「うっ」と来てしまうことがあって…(汗)クナイプのグレープフルーツの香りは、気分転換にもなりニオイがずっと残らなくて気に入っています。

 

 

使い切る暮らしをはじめてよかったこと

 

 

「何も焦って大サイズを買う必要もない」と気がついたことで、心に小さなゆとりを持てるようになったかな…?と感じています。

 

「今買わないと!」というヘンな焦りから来る買い物だったり、「損したくないから大容量がいい」そんな買い物の仕方から、小さいサイズを試して使い切る。そこからどうするか納得してから買えばいい。

 

そんな風に、使い切ることの喜びを感じるようになり、使い切る暮らしを「小さくこっそり」楽しんでいます。

 

 

 

関連記事

 

スポンサーリンク