無印の収納ケースが「空っぽ」に…。納得して買えば「物欲お化け」にストッパーがかかる。

無印の収納ケースが「空っぽ」に…。

引越し作業をきっかけに、数カ月ぶりに収納ケースを見てみたら……あれれ?

完全に「空っっぽ」の収納ケースが2個!!

シンプルライフ,収納

ちょっと奥まっているのでほとんど見ることがないのです。

そうなんです。全く気がつきませんでした……「自分の家だろうよ」って感じですが、半年前はギュウギュウだった収納ケースでした。

わが家には、クローゼットに無印の収納ケースが4つ。

シンプルライフ,収納

(写真:引越し作業でごちゃごちゃ感ハンパない…)

洋服の断捨離小物の断捨離をしたことで、あまり意識していない間に、収納ケースが必要ではなくなっていたんですね。

処分に困る物はちょっと時間を置いてみる

以前の記事にこんなことを綴っていました。

ものが少なければ収納グッズは増やさなくてもいい

限りあるエネルギーを、溢れたものにムダに消耗するのには人生もったいない。

足し算の生活から引き算の生活になってわかったこと。

それは…ものを減らしていけば、収納ケースを増やしたり、収納術は必要なくなることです。

記事:【断捨離】役目の終えたものはゴミと一緒。処分に困るものは簡単に買わない。

大切な物があると買い物に走らなくなる

空っぽの収納ケースを見て感じるのは、できるだけ納得したものを買う習慣をつけることが、物を増やさないストッパー的役目をするんだということです。

洋服以外の食材、日用品…と、お財布と相談しながらだけど、ただお得だから、セールだからって飛びつかない。

納得して買う回数が増えると「物欲お化け」にストッパーがかかる

納得して買ったもの・大切な物が身の回りに多いと、買い物に走らなくなる。それは、納得して買ったという満足度が高いからです。

反対に、中途半端な物だったり妥協して買った物を多く持っている時というのは、満足度が低い。

まるで物欲お化けがウヨウヨしているかのよう。

だから過去のわたしは、栄養価の低いインスタント品を食べたときのように、だらだら買い物をし、だらだらミミズのようにお金を垂れ流し繰り返していました。

そんな小さな習慣の積み重ねが、物とのちょうどいい付き合い方ができるようになるんだろうと感じています。(少しずつだけれどね。)