本の断捨離、処分~「読もうの呪文」はもうおしまい!

リコマース,本,買取,amazon
スポンサーリンク

読もう、読もう…?それ呪文?

引越し作業の荷造りをしているときでした。

「ああ、読もうと思っていた本……結局読んでいなかったな。」

 

読もう…って、いつ読むの?

あんなに本を処分して、定期的に断捨離しているはずなのに。本って何故かいつも減らないような気がしてしまいます。

…というのも、気持ちよく読み切った本というのは、あっさり手放すことができるんですよね。

だけど、いつまで経っても本棚や部屋の隅っこに置かれた本は「いつか読もう」「読める時に」…と、いつ来るか分からない未来に預けていることに気がつきました。

もう、呪文のように唱えていたのです。

 

腐らない本は良くも悪くも保管が効く

食べ物だと傷み・腐り・においで”捨てどき”に判断ができる。だけど、本って良くも悪くも「保管が効く」

そこに置いてあるだけで自分の知識が上がったように錯覚する。よくあるのが、教材を購入した途端、勉強する気がシュワシュワ~と泡のように消えてしまうこと。

それで何年もキレイな状態で保管されて…と、それに似ているなぁ、と感じるのです。

 

ただ捨てるのはもったいない

今の時代、本の処分はヒモで縛って古紙の日に捨ててしまうのはもったいないです。

というより、やっちゃダメだと思っています(笑)

わたしはネット買取を定期的に利用しているのですが、特に高値のつくことが多い Amazonアカウント経由の リコマース が本の虫の方には合っているかと。

なぜかというと、比較的新しい本(販売1-1年半未満)の本が、定価の半分以上の査定額になること。

本好きだと、短いサイクルで本を読みますよね。

その短いサイクルと、リコマースの買取の相性が合ってると感じます。

銀行口座の個人情報を教えずに買取できるのです。(ただ、本人確認書類が必要になります。)

読み終わった本が7685円に なったときもありました。

これは驚き。もしかしたら、「この本が?」と思っていた本が高値になるかもしれません。

 

おわりに:潔(いさぎよ)さの必要性

…できるだけ物は増やしたくない。特に本はかさばるし、重たい。収納場所にも困ることもあります。

だからって、今時の「Kindleで読もうかな」なんて考えたこともあったのですが、やっぱり本は紙で1枚1枚めくって、メモしたり、マーカーを引いたりしたいタイプです。

その方が、頭の中にスーッと入ってくるし、集中できるのです。

いつか読もうと思っている本、最後にいつ読みましたか…?

(多分、何か月前かと思います。そんなわたしも同じく長い時間読んでいませんでした)

「いつか~」と思っていてもいつかは来ません…。捨てる時は潔さが必要。

「読もうの呪文」はもうおしまいにしましょ。

できるだけ本を溢れさせないように、リコマース で定期的な宅配買取を続けています。

スポンサーリンク