シンプルライフ1年経過「幸せになるのが怖い私」がいるのに気付く

シンプルライフ,幸せ,幸せになるのが怖い

夢中で捨てまくっていた1年前

シンプルライフを始めて1年。

断捨離生活開始。まず、450L超えの巨大冷蔵庫の中身をシンプルにし、半年後には1/2以下の157Lの無印の冷蔵庫に。

冷蔵庫を小さくしてしまった…。

読むんだか読まないんだか謎の本も、何十冊と捨てた。ブランド服も、細々とした小物もキッチン用品も……。

一体何がしたかったんだろう?そうそう、変わらない人生を変えたかったのかもしれません。

3日やそこらじゃ断捨離の効果は…目に見えにくい。

けれども、1日の積み重ねというのは、1年と「年単位」に入ると虫眼鏡で見なくても、明らかに変化してることがハッキリと分かります。

 

時間が余る

今一番驚いているのは、時間が沢山あること!!

「何だ…時間ってこんなに沢山あったのか…。」ということです。

それは、日に日に強く感じ、今まで「やらなくてもいいこと」を必死に時間をかけてしていたのです。

さらに生活の質もグッと向上。

もう良いじゃないか!シンプルライフ大成功!!

お伝えしたいことは、時間が余る(増えた)=やりたいことに時間を注ぐことができるのです。

だけれどね、わたしはここで、感じたことの無い分厚い壁にぶち当たっています。

何かと言うと、やりたいことの時間はあるのに、自分にその勇気がない!ということ(笑)

時間が出来たから、新しいことを始めたい。理想のライフスタイルに向かってあることを始めたい。

…そう思いながら生活して1年。実現しました。さあ、あとは行動のみ!!

いけーーー!!

でも……、理想のライフスタイル(切符)は目の前にあるのに、そこに行けない私が居るんですよ。

 

幸せになるのが怖ーーい!!

シンプルライフ,幸せ,幸せになるのが怖い

違和感を覚えたり、こんなことするのに相応しくない私…とか。

夢だったこと、やりたいことを実現してしまったら、夢が消えてしまうんじゃないか?とか。

一体何をウズウズしてる…?そんな自分にイライラ…。

多分、シンプルライフを始めなければ、こんな気持ちにならなかったはず。

だから、シンプルライフを始めたことは1ミリも後悔していない。

 

幸せの切符を手に入れる勇気

ただ、自分の勇気の無さ、幸せになる勇気の無さ、幸せが目の前にあるのに「どうしよう?」と「幸せになったらどうしよう?」

やりたいこと始めたら、嫉妬されるかもしれない。

もしかしたら、失敗するかもしれない。やりたいことやっている間、嫌な目にあうかもしれない。

…。

「幸せになったらいけない」ギチギチの鎖という呪縛に縛られている自分が居たことに驚いているのです(笑)

10代の頃「ずっとやりたかったことを、やりなさい」という書籍を図書館で借りて読んだことがあったのですが、まさに「やりたいことが出来なかった時期」でした。

諦めていました。でもようやく「やりたかったこと」を出来る切符は目の前にある。

 

もう一度、ゆっくり読み返そうと思っています!

でも、図々しいもう一人のわたしも居るので、ちゃっかり手に入れてるはずです。(爆)

それを信じ、シンプルライフを続けながら、幸せの切符を手に入れたい。

スポンサーリンク