捨てた後も忘れられない1枚のワンピース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

昨日の記事をアップ後、捨てた後も忘れられない1枚のワンピースを思い出しました。

リンク:過去に買った洋服と今の私の温度差を埋めていくために。

去年した洋服の断捨離で買取に出してしまいました。

フクウロ,評判,ブログ,キャンペーン,断捨離

リンク:思いっきり捨てることは、後悔しないことが条件。

ですが、何故だかこのワンピースだけ忘れられないのです。

どうしてだろう?ちょっと考えてみたら、思い出のつまった1枚だったから。

「え?ワンピースで思い出?」って感じですが、ちょっと思い出話をしてみます(笑)

誕生日の1カ月前。27歳になる年でした。

そろそろ30代になるし、ちゃんとしたワンピースの1枚でも欲しいな、と思ったのです。

さっそく興味あったブランドサイトを開き、数ある中の洋服の1枚が目に留まりました。

「わあ、ステキなワンピース!」

それは青色ベースの生地に、縦状に花柄の入った夏向けワンピース。

しかし30000円と、気軽に手に入れられる値段ではありませんでした。

でも、どうしても欲しい、なら見に行ってみよう。

母と出掛ける約束をしていたので待ち合わせをし、ついでに母を一緒に連れて実際店まで足を運び、お目当てのワンピースを試着したのです(笑)

店員さんの話を聞いてみると、どうやらイタリア製の生地だそう。

試着してみると、今までこんなに素敵なワンピースを着たのは初めてで感動。

ですが、大きくサイズが合わない。11号しか置いてありませんでした。生産量が少ないらしく、入荷待ちをしました。

お店から連絡が来て再び試着しにいきました。

そして、母に「ワンピース素敵だったなー」なんて話してみると(ほとんどおねだりですね)母から誕生日プレゼントとして買ってもらえることになりました(笑)

1枚の洋服で何度かお店に通ったのは、この洋服だけでした。そして、ワンピースを通して沢山の思い出が沢山できたんですね。

そして、両親に甘えることはもちろん、誰かに甘えること、頼ることが出来なかったわたしでした。

もう、小さな子供時代の頃からでした。ですが、ワンピース1枚をきっかけに、「甘える」「頼る」ということを始められるようになったような気がします、特に両親。ほんと、すこーしずつですが(笑)

そうそう、ワンピースを着て出かけたことは勿論ですが、着ていると気持ちが良かったことだったり、なぜだか夫も嬉しそう(?)いつも以上に優しくしてもらえたことだったり…(爆)

お金に余裕がなかったけれど、ちょっとオシャレな喫茶でも行こうか、なんて気分になって、1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒー店に入ったりしました。

節約!絶対に喫茶店に行くなんてもったいない!ムダ遣い!家で淹れれば一杯○○円!と思っていたのにもかかわらず。

それはそれで楽しかった。非日常な空間がワクワクでした。

周りに居る人も何だか嬉しそうに見えました。(わたしの勝手な思い込みもあるかもしれないけれど。)

そんな思い出の残るような洋服って少なかったなあ、と振り返りつつ、思い出の洋服が心に残ることで、手放したとしても、ずっと思い出の中で生き続ける…。

あとは、小学生の頃に着ていた1枚。かき氷のブルーハワイのような色をしたTシャツがとてつもなく好きで、生地が薄くなってしまうくらい気倒していました。

真ん中には黄色のスマイルマークが入っていて、イラストを見ると元気になれた。確かスーパーの2階で1500円くらいだった気がします。

他の洋服はほとんど忘れてしまったけれども、そのスマイルマークのTシャツには、沢山の子どもの頃の思い出が詰まってる。

衣食住のほとんどが使い捨て、大量生産の時代だけれども…。

いつか形ある物は手放す時がやってくる…。

それでも「思い出」に残るような暮らし、洋服1枚でも手放したあとでも、思い出に残る物を選んでいきたい。

何年か後かもしれないし、10年後かもしれないけれど、「ああ、あの時の洋服を着たとき、思い出が沢山出来たんだな、良かったな。」と思いたいしそうでありたい。

物を通して心が温かくなるような暮らしをしていきたいと、捨てた後も忘れられない1枚のワンピースで振り返る思い出話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加