給料日を忘れられる幸せ。焦って銀行に行かなくてもいい心の余裕。

給料日,銀行,混雑,行かない

ここ1年ほど前から、給料日に銀行にほとんど行かなくなりました。

どうしているのかというと、1か月後の家賃・引き落としなどを1か月前に、空いている日に入金しておきます。

給料日,銀行,混雑,行かない

25日の給料日を忘れられることが、今のわが家にとって「幸せ」でもあるんです。(なんて小さすぎる幸せなんだろうか)

給料日に行かなくなった理由は、混雑を避けるため

給料日に混雑した銀行へ行き、長蛇の列に並ぶ…。

アルバイトを始めた16歳の時から30歳近くまで、それが普通のことでありました。

「長蛇の列に並んでいる自分ってカッコ悪い!」

ですが、ある時「長蛇の列に並んでいる自分って、カッコ悪いな。」と感じました。

強烈な違和感でした。そして、給料日に通帳とカードを握り締めてママチャリを漕いで銀行に行く姿…。

夫にも話してみると、「確かにそうかもしれない。給料日前なんて財布の中100円とかしかないもんな。」と…(汗)

それで夫と給料日に銀行に行かない方法ってあるかな?と考えるように。

カッコも何もないかもしれない。だけど、嫌だった。

どうしてかというと、給料日に銀行にかっ飛んで行く生活の余裕の無さを披露しているように感じたこと(笑)

まさにお金に余裕がなく、給料日にお金を補充しないとやっていけなかった。

「うちはアンタの家と違うわよ」なんて声が聞こえてきそうです。

わが家のように生活費に余裕のない人ばかりではないことも分かっています。

だけど、この状態をどうにかしたい!「給料日に行かないくらい余裕のある家計に持っていきたい!」と決めたのがきっかけでした。

それから夫とお金を増やすことを考えるようになったりしました。

焦って給料日に行かなくてもいい幸せ

少しずつだったけれど、3年くらいかけて、ようやく給料日に焦って銀行に行かなくても良いような暮らしになってきました。

お金以外でもそうですが、何でも「焦り」から来る行動というのは、あまりいい方向にいかないように感じます。

気持ちの面でも落ち着きがなくなります。

余裕がもてると、特に何がというわけじゃないけれど、ゆったりとした気持ちでいられます。

そして、1ヶ月分・2ケ月分…と、いつか、1年後の生活費を前払いできるような家計に出来たら面白いだろうなぁー。なんて思っています(笑)

人は、誰かから「ああしなさい、こうしなさい。」と言われたことより、自分のやっていることだったり、現状に「はっ!」と気がつくことで(恥をかいたりも…)

ようやく行動として動き出すことができる生き物だと感じています。

そんな感じで、わが家が給料日に銀行に行かないと決めたきっかけは、「給料日に通帳とカードを握りしめて並ぶのがカッコ悪い!」

中高生レベル(?)の「カッコから入った」ということでした(笑)