マイホーム?賃貸?どっちなの?お金のことだけ考えすぎると人生つまらなくなる

マイホーム,資産,負債,お金

マイホーム購入をする同世代

 

周りでマイホーム購入をする人が増えてきました。

 

同世代(30代)の人たちが結婚し、数年後マイホーム購入の流れがほどんど。ただ、住んでる場所・環境が皆違います。

 

そんなわが家はマイホームに憧れることもなく、マイホーム購入に「かなり」消極的。

 

それは、マイホームは資産にならないと知り、賃貸暮らしがいいと、夫婦で話していたからです。

 

さらに夫が転職する予定でいたので、マイホーム購入は考えていませんでした。

 

ですが、あるきっかけで「賃貸暮らし」から、「マイホーム購入」を考えるようになりました。

 

マイホーム,資産,負債,お金

 

それは、夫が転職し県外に引っ越したこと。ようやく希望の職に就けたこと。多分、遠方の引越しはもうないかと見ています。

 

今まで住んでいた地域は、家賃も物価もそこまで高くなく賃貸暮らしが快適にできました。

 

しかし、家賃も物価も高めな地域に住み始めてしばらく…「ここで一生賃貸暮らしをするの、ちょっとむずかしかも…?」なんて感じるようになりました。

 

…と言ってもね、購入しません(笑)

 

 

「絶対」その気持ちは変わる

 

 

ただ、今まで「絶対」と思っていた気持ちに変化がありました。

 

ブログにアップしたことはなかったのですが、わたしの実家は持ち家。

 

持ち家が当たり前で、賃貸暮らしをしている家というのが少数派の地域で育った影響もあり、「マイホーム購入」が、当たり前の光景で、わたしも大人になったら家を買うものだとさえ思っていました。

 

ただ、大人になるにつれ、夢を持てない自分が現れるようになりました。

 

普通に暮らしたいのに、その「普通」ができない自分が居たのです。

 

 

不景気で、こんな時代なのに昭和時代と同じことをしていたら、生きていけない!暮らしていけない!

 

だから目に見える物より、投資をしよう、お金に働いてもらおう、目に見えない物を大切にしよう…。

 

ネットサーフィンをしながら、画面の中を覗き、そんな価値観が埋め込まれたように思います。

 

お金や投資に関する本を、「持ち家は資産ではなく負債」そんな言葉がよく出てきます。

 

有名なのが、お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

 

”30年後に手に入った「我が家」に価値はない”と……。

 

 

お金のことだけ考えすぎると人生つまらん!

 

こんなことを聞くと、家を買うなんてリスク高すぎなんじゃないかと思ってしまいます。

 

そして、そんな風に思っていた自分もいたのです。

 

ですが、考え方が変わった今感じるのは、賃貸と持ち家のどっちが優れているか・いないかで判断するものではない…ということです。

 

お金のことを考えすぎると、メリット・デメリットで判断するようになる。

 

そうすると、だんだん夢も希望も持てなくなってくる…なんだか人生が「お金だけ」に囚われているようで、なんとも味気なく、つまらない。

 

だからって、マイホームを買えば夢を持てるとか、人生が良くなるとか、憧れの~とか広告が訴えてくるような「幸せ像」も期待していない。

 

(元々マイホームに憧れがほとんどないのもありますが…)

 

 

まだ答えはでないけれど…どう生きたいのかはしっかりしておきたい

 

 

ただ、賃貸は良い!持ち家はダメェーー!なんてことでもなく…。

 

「で、あなたはさ、どういう生き方をしたいのですか」

 

個人的な考え・家族の考えを大切にして賃貸・持ち家を選んでも良いんじゃないのかと思うようになりました。

 

旅人は、賃貸がピッタリ合うのかもしれません。広く、一つの家で過ごしたい人は持ち家が合うのかもしれません。

 

もう、一人一人生き方・考え方が違うのだから、絶対これがいい!ってないんだなぁ…と…。

うーーーん、すぐ答えは出ませんが、もうちょっと考えてみます。

 

まとまりがなく、答えにならない文になってしまいましたが、最近、そんな「家に関する悩み」がモワモワーーーッ、ワワワァーーーと出てきたのでアップしました。