冷蔵庫のシンプルライフ|憧れの無印冷蔵庫…実はスパルタでした

無印良品,冷蔵庫,157L,シンプルライフ,simplelife

無印冷蔵庫|実はスパルタ

シンプルライフって色々な形がありますよね。わが家のシンプルライフで一番力を入れているところは冷蔵庫

480L超えの巨大冷蔵庫から157Lの小さな2ドア冷蔵庫にしたのです。

見た目に惚れて購入した無印良品の電気冷蔵庫。

使ってみてわかったのですが…実は、無印の冷蔵庫。結構なスパルタでした。

無言で厳しい無印冷蔵庫

無印良品,冷蔵庫,157L,シンプルライフ,simplelife

まず、無印の冷蔵庫は外国製品です。メイド・イン・ジャパン…日本製品のように、便利機能は一切ありません。

冷蔵庫のを閉じ忘れた時…ほんの少しだけ空いていても、ピーピーお知らせしてくれない。

まさに”無言のメッセージ”を人間に送ってきます。「ほら、空いてるじゃーん。気が付けボケェェーー!」と言った風に。

さらに霜取り機能など付いていませんので、ちょっと多めに食材を買った時なんか、奥に入れた食材の一部が凍ってる時なんてあったりも…。

一番驚いたのが生卵。シャーベット卵の新メニューができました。

もちろん、静音性なんてものはありません。頻繁にモーター音という名のおしゃべりが始まります。

慣れれば気にならなくなりますが、音に非常に敏感な人は外国製の冷蔵庫が大嫌いになることでしょう。

いかに日本製品が優れているのか実感できるのが無印電気冷蔵庫

 

当たり前|思い込み

ちょっと前に小さな冷蔵庫でもじゅうぶんとアップしましたが、今感じていること…たしかに十分かもしれない。

ただ、小さな冷蔵庫は扱いに工夫が必要なのは確か。この世に誕生してから大きな冷蔵庫が当たり前だったから。

それでも小さな冷蔵庫は「当たり前」と当然に思っていた「思い込み」をザクザク壊してくれるのです。その度に生活の工夫が生まれるから面白い。

それでも無印冷蔵庫にしますか?

無印良品,冷蔵庫,157L,シンプルライフ,simplelife

やせる冷蔵庫によれば、冷蔵庫の中が常にパンパンだと「もったいないから食べちゃおう」とそこまでお腹が空いていないのに食べてしまうことになる。

どうして冷蔵庫の中に食材を入れるか?それは、新鮮食材を一時保管するため。本来の冷蔵庫の意味がなくなってしまいます。

小さな無印の冷蔵庫は可愛くてオシャレ。

ですが見た目とは裏腹に優しさは一切なく人間に厳しい。恋ではありませんが、惚れたら負けなのでしょう。

私たちの憧れ家電。無印良品電気冷蔵庫は意外にもスパルタな面を持っていたのでした…。

 

[blogcard url=”https://maneki3776.com/2016/10/23/post-11177/”] [blogcard url=”https://maneki3776.com/2018/07/03/eneosdenki/”]