財布に10万円を入れなくなった理由

1年前のわたし。

自分にとっての「良い」をすすめていた。

1年後のわたし。

自分にとっての「良い」をすすめなくなった。

 

財布に10万円を入れなくなった理由

例えば、自分にとっての大金を持たなくなった。

1年前、財布に10万円を入れていた。

10万は主婦のわたしにとって「大金」でした。

だけど、やめてしまった。

それで満足してる自分にあほらしくなったから。違和感かな?

もう一つは、人の多い地域に住むようになったから。

田舎に住んでた時、そこまで気にならなかった。

でも都会に行く機会が増えるとやっぱり危ないから。

都会で大金を持たないようにしています。

お金に好かれるためにとか言ってる場合じゃない。最近は多くても3万円前後。それが今の暮らしにちょうどいい。

だからって、お金の器が小さくなったわけでもない。

 

満足度は変わらない

10万円だ20万円だと1万円札を沢山お財布に入れていても、お金の器・満足度はそこまで変わらないと気がついたのです。

確かに豊かな気持ちになります。お金のかおり、重み、色…。

でも、それをやって気がついたことが一つ。

「そんなことで満足してたら、そこで終わりじゃない?」(笑)

これって…1枚10万円の洋服を着ると「お金に好かれる」と言ってるのと似てないか?

10万の洋服を着れば恋人ができるとか、結婚できると同じじゃない?

持つだけで金運がやってくる財布とか…。

明らかにおかしいし、笑っちゃいますよね。

「なにいってんの?」って(笑)

それって…お金に振り回されているのと変わらない。

そんなことしなくったって恋人はできるし、結婚だってできますよね。

ちなみに夫と出会った時に着ていた洋服は、古着屋で買った1000円の激安ワンピースでした(笑)

お金に好かれるなら財布の色はゴールド!とか、お金には念がこもりやすい…とか…。

 

お金をバンバン増やす人

だけど目が覚めた。リアルでお金をどんどん増やす人はそんなことしてない。

「財布の色」とか「念がこもる」とかじゃなくて…。

仕事をつくり、仕事を増やし、人脈を築き、バンバンお金を使う…。

超ーーーー現実的なことを地道にすすめている。

確かに金色のスマホケースを持っていたりするけれど、あくまでも「遊び」として取り入れてるのが分かる。

わたしは「お金に囚われない!」なんて言いながら、お金にいちいち「色をつけて縛っていた」んですね。

書籍 金のなる木の育て方 “お金との正しい付き合い方”にこんな一行が書いてあります。

印字されているのは、ただの数字の羅列。何の意味もない。いくら見ても増えるものではない。

カネに感謝なんかするな。そのカネをつくってくれた人に感謝しろと俺は思う

もう、お金が財布の中にあろうと銀行にあろうと、どこにあっても…お金の色を変えない。というか考えない。

いちいちお金に色をつけていたのはなぜか。

お金がなくなるのが怖かったから。自分を信じ切れなかったから。

あれですね、夫・子供を管理して家族の可能性を小さくして結局自分も苦しくなってしまうのと一緒ですね(笑)

 

実現可能な努力

でも、わたしたちが生きているのは、ここ地球。火星でも金星でもない。

地球に住んでいるのだから。命があるのだから。

念・色より…もっと地球に住んでる自分を信じればいい。

財布の中に10万円いれて喜んでいる間はダメね。

お金に好かれる方法も大切かもしれない。

だけどそれは趣味でいいんじゃないの。

それよりも、自分に好かれる努力をした方が現実的だと思いませんか。

将来の自分がちょっと楽しみになりませんか。

現実的で継続しやすい。しかも副作用なし。

ここ最近色々な出来事がありました。

自分でも不思議なのですが、今までの「良い」と思って信じていたことが、心の解体工事によって壊れてしまいました。

この地球で、実現することが可能な目標を小さく達成していくことだと。

1年後の今、わたしはそう感じるようになったのですが、どうでしょうか。