使い切る暮らし、生活哲学。シンプルライフ、日々変化。コーヒーメーカーからドリップタイプに完全移行

シンプルライフ,使い切る,コーヒーメーカー,やめる

コーヒーメーカーからドリップタイプへ

10月に入りました。

キリっと冷たい飲み物から、すっかり温かい飲み物を欲しくなる季節に。

それで思い出したのですが、使い切る生活で変わったのが、家で飲むコーヒーのこと。

ここ1年、寒い季節に活躍していたコーヒーメーカーの使用回数を減らしていき

ついに使い切りタイプのドリップコーヒーに完全移行。

コーヒーコーヒー、カフェイン中毒みたいに言ってるけど、正直コーヒーについて詳しくもなく、マニアでもない(笑)

その時の気分で選ぶのですが、今お気に入りなのが

カルディコーヒーファームのカフェカルディ オーガニック バードフレンドリーです。

 

1袋に通常より2倍ほどのコーヒー粉が入っているから1杯で満足。

ドリップタイプに切り替えたきっかけというのが、鮮度でした。

どんなに美味しいコーヒー豆も、保存に気をつけても…。

1度開けてしまうと豆も時間が経つと香りも鮮度も落ちるのが悩みでした。

コーヒー豆を自宅で挽いて…なーんて丁寧な暮らしに憧れた時もあったけれど、

基本めんどくさがり30代夫婦には、1杯ずつフレッシュな香りと味を堪能できる使い切りタイプがシンプルライフに合っていました。

 

収納先は無印良品ポリプロピレンケース

シンプルライフ,使い切る,コーヒーメーカー,やめる,無印良品,ポリプロピレンケース・引出式・深型・2個(仕切付) (V)約幅26×奥37×高17.5cm

コーヒーやお茶類の収納先は、無印良品ポリプロピレンケース・引出式でスッキリまとめています。

 

シンプルライフ、日々変化。

ただ、わたしの中で”シンプルライフ+使い切る”のスタイルが形として見えてきたのも確かです。

つい最近「ゴミを出さない暮らしを始めたい」とブログで話したばかりなのですが、あれからちょっと考えたり生活して感じたのですが…ちょっと違いました。

 

 

何かと言うと、ゴミを一つも出さない暮らし以上に…

「食べ残しを出さない工夫」だったり…。

「使い道の見えない物を家に入れない」

「その時の雰囲気や空気に飲み込まれない自分軸の強化」

(ちょっと言葉が適切でないかもしれません。)

を生活の中で哲学していく方がゴミを出さない暮らしよりも上回って、なにより、生活していて楽しいだろうと感じたからです。

1年前かな、100パーセント目指そうとした時期もシンプルライフを始めた頃ありましたが、

ちょっとミニマリスト寄りな暮らしに入ったとき「ああ、これって全然自分らしくないわ」とやってみて初めてわかったことでした。

 

 

使い切る暮らし、生活哲学。

シンプルライフだからって一つの形に固執するのは辛い。

やっぱり想像力だったり、大人になっても好奇心を大切にしたいですよね。

だから主婦でも、おっさんでも老若男女問わず人生哲学を沢山できる。

何も哲学は哲学者のためだけじゃないですもんね。

最近感じているのは…。

使い切る暮らし、生活哲学。シンプルライフ、日々変化。

美輪明宏さんの言葉じゃないですが、哲学はどんな人でも出来るんですね。

確か、人生ノートに書いてあったはず…。

 

スポンサーリンク