「お金で時間を買う」に躊躇しない

家を「共働き仕様」に改造中

先日、外で働きたいとブログで書きました。

【30代主婦の再就職】シンプルライフで「幸せの基準」が変わる時

シンプルライフ&時短家事で年内に実行したい4つのことにもアップしましたが、実は、去年の秋頃から少しずつですが、家の中を「共働き仕様」に改造中。

「共働き仕様」に改造途中、最近話題の勝間式 超ロジカル家事に紹介されていた「布団乾燥機」を購入。

 

 

布団乾燥機は、外に布団をバルコニーまでもっていく・干す・取り込むを無くしました。雨の日、ジメジメした梅雨時にも使えます。

購入したのはホースの取り付けがいらない象印 ふとん乾燥機 スマートドライ ホワイト

 

 

時短家電導入~家族の「苦手」をあぶり出す

共働きをする上でわが家に欠けている事、必要な物をあぶり出しました。

主婦の私がニガテな家事。できれば避けたい家事。

一人で住んでるワケじゃないから、家族(夫)もできれば違和感なく家事をやって欲しいところ。

そうなんです、あくまでも違和感なく続けられること!!

違和感あると、不満が蓄積されていきますもんね・

ただ、夫は家事ができない、さらに続かない。何をどうやったらいいか分からない(結婚まで実家暮らしで家事をしてなかった)

せめて夫が一人暮らしの経験があればまだマシだったのかな?・・なんて今さら後悔しても仕方がない。

ということで、夫と私が家事の押し付け合いをせずに済む方法を考えた結果、家電製品導入に決めました。

 

  • 洗濯乾燥機
  • 布団乾燥機
  • 敷布団→ベッド

 

洗濯乾燥機洗う・干す・しまうの3点を短縮

布団乾燥機:布団をバルコニーまでもっていく・干す・取り込むを解消

敷布団→ベッド:布団の上げ下げ、しまう、干す、敷くを解消

 

わざわざお金を出してベッドに切り替えたきっかけは、話し出すとながぁーーくなってしまい、まだまだ書きたいことがてんこ盛りですが別記事としてアップしますね。(笑)

親戚から譲ってもらったティファールの電気ケトルを使い始めてから、夫が毎朝水筒にお茶を淹れるように!!それまでお茶なんて進んで淹れなかったんですよ・・。もっと早く導入してればよかった・・。

10年先の人生に向かって時短家電を活用

ただ、パートタイマーから始めようと計画しているので”共働き”と呼べるか謎ですが、あまり気にしないことにしています(笑)

時短家電を導入したことにより、さらに時間にゆとりができました。(というか、今はまだ働いてないのでヒマを感じてしまう・・)

こうしてブログを書いている間も、洗濯乾燥機がグルグル回って乾燥中。

 

「お金で時間を買う」に躊躇しない

時短,家電,洗濯乾燥機,食洗機,布団乾燥機,ベッド,象印 ふとん乾燥機 スマートドライ ホワイト,お金で時間を買う

人の手でしなくて済むことは、わざわざ時間と気力を使ってしない!を実行開始。

発行は2011年とちょっと古いですが、最近読んでる女性が30代で必ずやっておくべきお金のことお気に入りの本があるのですが、家族との時間を充実させるために「時間をお金を買おう」という言葉があります^^

 

【引用】これからの出費がかさんで貯金ができない年が1年か2年あっても、仕事を続ければ元は十分とれる。これらの出費を惜しんで疲れ果て、仕事を辞めることになれば、何のために節約したのかわからなくなっちゃう。 ―第8章 人それぞれだけど 子ども、どうする?―

 

 

「家族との時間が充実すれば、仕事をするエネルギーも湧いてくる」と・・。

私は、この言葉に”家族”と”お金・健康に気遣える時間”を追加したいなと^^

時短家電を導入して数カ月。感じるコト、メリット、デメリットをアップしていこうと思っています。

少しずつですが、10年先の人生に向けて時短家電生活を始めています。^^

生活レベルを上げない「今の年収がピーク」と思うこと