ネットショッピング歴10年の私が買い物回数を控えた理由・予防方法(1)

ネットショッピング,やめる,依存症
ネットショッピング,やめる,依存症

「通販がない人生なんてありえない!」

時短家事につながった食材宅配のオイシックス、生活に必要な物は楽天やAmazonで揃える暮らし。

しかも店舗で売っていない魅力的な商品もいっぱい。何だか自分が特別になったような気分にさえなってしまう。

お店まで足を運ぶ必要もなく時短になり、探す手間も省けるとさえ思っていました。

私のネットショッピング初体験は楽天市場でした。

通販歴10年を迎えようとしている今、ネットショッピングの「これから」を考えるようになりました。

 

控えた理由1:メリットをそこまで感じなくなった

メリットと感じていた事が、今ではデメリットに感じるようになってしまいました。

なんといっても、手間が増えることでした。

  1. 再配達の時間設定の手間
  2. ダンボールの片付ける手間
  3. 梱包材などの過剰包装

 

確かに便利ですよね。私も、完全にはネットショッピングをやめられません。

しかし何でもネットショッピングに頼りきった便利な暮らしは、届けられた商品だけじゃなく、過剰な梱包材・ダンボールの片付けという手間がセットになってついてくるのです。

となると、次に起こる感情が「プチストレス」(!)

「なんじゃこれ?」

グルグルに巻かれたプチプチにさらにガムテープがっ!

注文した商品にたどり着くまで長すぎる(笑)

(ちなみにプチプチの正式名は気泡緩衝材と呼ぶそうです。)

 

理由2:ポイントは果たしてオトクなの?

さらに通販にクレジットカードはセット。買い物をすると付いてくる「ポイント」は果たしてお得なのか?

元々ポイントがつかなければ、買わなかったんじゃないか?

ネットショッピングからポイントが消えても買うのか?

わが家の住んでるマンションには宅配ボックスがついてるのですが、通販マニアを加速させてしまう予感だったのであえて利用していません。

宅配ボックスをあえて利用しなかったこと、片付けの手間を省きたいをきっかけに、「ネットショッピングを控える」につながったのです。

 

予防:ネットショッピングは生活の一部として利用する

ネットショッピングを始めたきっかけというのは、小さな商品だったはず。

それが少しずつ「便利」になり、便利が一つずつ大きくなっていたのだと思います。

大きくなりすぎたネットショッピングは、生活を豊かにするはずがネットショッピングが生活のほとんどを占めてる生活になっていた・・。

マンションのゴミ捨て場に積み重なるダンボールの山、過剰な梱包材の山を見て、ネットショッピングはあくまでも生活の一部として利用するのがちょうどいいのかもしれないと感じるのです。

続き:ネットショッピング歴10年の私が買い物回数を控えた理由~ネガティブ思考を上手に利用する(2)

・Twitterフォローはお気軽にどうぞ。日常で感じたこととかつぶやいてます https://twitter.com/maneki3776

まねき
30代
関東・夫と2人暮らし


夫婦2人暮らし30代前半。冷蔵庫と洋服を片付けたら時間・お金・心のゆとりができました / 生活を豊かにするモノ・コトが大好物 / 元汚部屋・汚冷蔵庫出身 / 157L冷蔵庫で使い切る生活2年目 / 時短/食 / 美容 / 漢方治療×ゆっくり砂糖断ち中