親とお金の関係を振り返る

お金,家庭環境,影響,借金,反面教師

金銭感覚の違和感

自分の金銭感覚に違和感を感じるようになったのです。

「なんだか親のお金の使い方と似ているかもしれない・・」

それって、なんだか気持ちが悪い。

なぜかというと、何年か両親のお金の使い方を見て、金銭感覚に「?」を感じることが増えたからでした。

親とお金の関係

詳細は伏せますが、お金の使い方に偏りがあると、人間関係にもヒビが入ってくるということ。

親世代はバブルを味わい尽くした人たち。

良い時の時代をそのまま引きずっている人も多く、良い状態がずっと続くと思い込んでいる。

バブルが弾け切っても気がつかない(見ないようにしている)思考、やってること、金銭感覚はバブル時代のまんま。

そんな両親(義両親含め)を見て、感じること。

老いは確実なのに、バブル時代を引きずってる姿は、悲しくなります。

そして自分自身の金銭感覚、経済観念の低さを感じる。

もしかしたら、自分に自信がなく、親の行動や思考が気になるのかもしれません。

30過ぎて言うのも恥ずかしいですが、子育てもより、まず自分の教育をしたほうがいいんじゃないか。

バブル時代の親のお金の使い方が気になる、だけどそれが親の全てではない。全部いけないということではありません。

表情がいくつもあるのと同じで、あくまでも100あるうちの1つの面。

もし自分が今子育てをしていたとしたら・・ちょっと今の自分では自信が持てないなぁ、なんて感じてしまうのでした(苦笑)

それだけ子育てというのは命がけで責任があることなんだろうと感じます。

この歳になって感じるのは、親子関係は人間関係と変わらなく、親子関係以上に人間関係を意識したほうが良いということです。

短いですが、今日はここまで^^