夫の言う家事は家事じゃない・・自炊がほとんどできない夫にご飯作りをしてもらうために始めたこと

夫の言う家事・・

パート探しを開始。履歴書づくりを始めてる今、家庭内共働き仕様に改造中。

家を「共働き仕様」に改造!「お金で時間を買う」に躊躇しない

夫には少しずつ料理の流れを覚えてもらっています。

その日はパスタを作りました。夫にとって、パスタ麺を茹でること=自炊(しっかり家事をやった) になるそう。

「今日はもう家事ちゃんとやったじゃん、パスタ茹でたし、洗い物もしたんだよ。」

思わず笑ってしまいました。

それ、家事って言わないよ(笑)

「あのね、ご飯作りって、パスタ茹でる前に、スーパーに行ってパスタコーナーまで歩いて、パスタ麺を選ぶことから始めるのよね。

食費にも予算があるから、予算も頭の中に入れて、パスタの太さ、乗せる具は何にするか、トマトソースだったらトマト缶を買って、オリーブオイル、あなたの好きなモッツァレラチーズも揃えなきゃいけない。

・・テーブルにアツアツのパスタが並べられるまで、こういった流れが含まれている。

お腹がいっぱいになった後は洗い物がシンクに溜まるよね、スポンジに洗剤をつけて食器洗いをする。

水分を取って、食器棚にしまう。シンクをキレイにするまでがご飯作りなの。」

夫、絶句・・・(笑)

すると返事が「惣菜でも買う」と言った。

(来た、惣菜攻撃が。)

・・惣菜を買うのはぜんぜん構わない。だけど、それで自炊が上達するかというと「?」ナゾ。

「それって、もしかすると、最初から”ほうれん草の胡麻和え”とか”筍の土佐煮”を作らなきゃいけないと思っているからじゃないの?」

質問してみたところ、「う・・」と小さな返事が聞こえました。

「そんなの最初から作れないし、作らなくて良いから、自分が食べたいメニューから始めても良いかも。」

すると、夫の目がキラリと光った。

 

食べたいメニューから始める

どうやら、夫の食べたいご飯というのは一品料理になるそう(笑)

  • カレー
  • 焼きうどん

いいじゃないか。とりあえず、好きなご飯だけでも良いから作れるようになってほしい。

時短ご飯のキットオイシックスを使っても良いかな?と思ったのですが、キットオイシックスは一食分になるので「次の家事」につながりにくいと考えて、とりあえずスーパーで食材を揃えることから始めることに。



書きながら思い出したのですが、タレントの速水もこみちさんが出演してるMOCO’Sキッチンを時々観るのですが、参考にしてもいいかもしれない。

一品料理が多いですよね。これなら妻の私も夫も楽しくできそう。

 

 

そう、自分である程度自炊できるようになってほしい。これからのために。

健康、食のこと、お金のこと・・(色々な意味を込めてね)

道のりは長くなりそうです。

スポンサーリンク