はあ…幸せってなんだろう?~格差・お金・暮らし

シンプルライフ,忙しい,時間

私たち夫婦が、憧れの街へ引越して1年経とうとしています。

暮らしていくうちに気がついてきたこと。

  1. 上を目指してもキリがない
  2. 格差
  3. 幸せは人それぞれ

 

はあ…幸せってなんだろう?

シンプルライフ、ミニマルライフな暮らしに共通してるなぁ~、なんて書きながら感じますが、今まで上を目指し向上心を持ちつづけることが素晴らしく、生きがいになると感じていました。

街に出ればフツウに、違和感なく、当然かのように高級車、マンション、一軒家とあります。

街が変われば周辺の教育も変わるのでしょう。

田舎暮らしではほとんど見なかった、ヴァイオリンケースを背負ったシワひとつない整った制服を着た小学生をボコボコ見かけます。(大人の私のほうが服装シワクチャじゃない?なんて感じることも・・笑)

高級車で子どもをお迎えというのも、見るようになりました。

格差を感じる

その中で、ギリギリの暮らしを送っているのだろう、と感じられる人にも出会います。

(もしかして、これが格差なの?)

この差を見るのが、辛くなる時があるのです。

当たり前のことかもしれませんが、人が多ければいくらでも比べられてしまいます。

将来の日本はどうなってしまうのだろう、住む場所を変えてから「格差」という言葉を肌で感じるようになり、長年住んでた地域では感じなかった「将来の不安」が強くなってしまい・・。

希望で引越した新しい暮らしをちょっとだけ後悔してしまったのです。

そして自分の求めてる人生というのが、世の中でいわれる「お金を持っている証」である良い暮らし、高級車、高級マンション、月給以上のバッグを持つことではないとハッキリ分かった。

そのレベルに達し、普通にできる人は、元々持った環境・教育・チャンスがあったのだと感じます。

それを持つことを目指してわけでもなく、持てる位の暮らし、収入、生活レベルになれたらという希望はあった。

ただ私の人生に、それを持てたとしても、心からの幸せはやってこないだろうと思うのです。

上を目指してもキリがなく、上には上が居て、上を目指すかぎり、心の中にある本当に自分が望む幸せには到達しない。

小さな幸せ

公園の広場でアツアツのコーヒーを飲みながら日光浴をしたり、小鳥の鳴き声に耳をすます時間に幸せを感じる、そんな小さなことで。

自分の小さな幸せにビックリしたり。

私たちにはちょっと場違いだったのかもしれない・・だけど、せっかくチャンスがあって憧れの地域へやってきたのだから、ここでへこたれても仕方ない。

得られるものは、残らず取っておこう(笑)

田舎暮らしではできなかった体験、経験ができてるはず。

将来、田舎に帰るとなったとしても、しっかり身に付けて活かせるようにしておきたい。

今は、人の多さ、イヤでも差を見せつけられる環境・・。

さらに周りではバタバタとマイホーム購入、マイカー購入、妊娠報告とあり、夫婦共にちょっとお疲れ気味なのかもしれません(笑)

30代って、いろいろあるんですね~。

もっと自分軸を持って強くならなきゃ・・そんな最近です。

スポンサーリンク