断捨離して2年。捨てるものがなくなったいま感じること

断捨離,捨てるものがない

断捨離2年の今感じること

「〇〇捨てました!」

「断捨離してスッキリ♪」

数年前のブログに書く内容は、断捨離報告でいっぱいでした。

そして数年後の今、シンプルな暮らしで「捨てる」という作業がほとんどなくなり、「買う」行為が減った。

そうなんです、捨てた報告がなくなり、断捨離ブログではなくなってしまったのですね。

だって報告することがない。物がない暮らしをしているはずなのに?

捨てては買い、買っては捨てて・・を繰り返してるのもなんだか「??」

あまりカッコいいものではないよなぁ、と感じるのです。

 

捨てるものがなくなった今感じること

断捨離報告もなく、今の静かな暮らしは結構いい感じ。

断捨離をしてよかったことは、自分の弱さに向き合えたことでしょうか。

「弱さ」と表現するのは適切かどうか分からないのですが、幸せになる勇気がない自分 に気づいた。

幸せになっちゃうのが怖かったのです。

幸せになるために、条件などないのだけど、今まで条件付きだったんですね。条件付きの愛と一緒。

シンプルライフや断捨離に例えると…

物がない=幸せ

少ない=幸せ

みたいな。

完全に洗脳(?)されていましたね。

(物がないことを「幸せ」としている人が、どうして何年も、何年もも断捨離や捨てることをし続け、書き続けているんだろう?不思議だと思いませんか?)

(本当に物がないことが幸せだとすれば、捨てるという行為がなくなるはずなのだけど・・。)

 

幸せは条件付きじゃないよ。

最近読んでる「むなしさ」を感じたときに読む本 にも書いてあって、

幸せを感じられないとき、満たされない時、人間はどうも「幸せ」や「生きてる意味」について深く考え込んでてしまうようです。

幸せな暮らしに

「ものがない暮らし」「買わない暮らし」は…条件じゃなかった

と断捨離2年後の今、そう感じています。

・Twitterフォローはお気軽にどうぞ。日常で感じたこととかつぶやいてます https://twitter.com/maneki3776

まねき
30代
関東・夫と2人暮らし


夫婦2人暮らし30代前半。冷蔵庫と洋服を片付けたら時間・お金・心のゆとりができました / 生活を豊かにするモノ・コトが大好物 / 元汚部屋・汚冷蔵庫出身 / 157L冷蔵庫で使い切る生活2年目 / 時短/食 / 美容 / 漢方治療×ゆっくり砂糖断ち中