コストパフォーマンスと腹八分目。外食は基本的に単品で(その2)

外食は基本的に単品で

先日用事があり、新宿まで行ってきました。

連休ですが、それなりに人が多く、働くサラリーマンも多かったです。

途中、ちょっと軽くお昼ご飯…ということで、シンプルなかけそばを注文。

腹八分目を心がけてから、外食はセットではなく単品で注文。

外食は基本的にシンプルに単品で。ランチで失敗したサラダ付ランチセットの恐怖

コスパと腹八分目

単品注文を始めたのは、コストパフォーマンスの面もあるけれど、お腹いっぱい食べた時と比べ、体が軽く動きやすいのです。

食事にあまりコスパ、コスパと呼ぶのはどうかな、と思うけれど、それ以上に健康面で。

セットは量が多く、「全部食べなきゃ」とプレッシャーがかかる。

さらにセットを食べるのには時間がかかりすぎる。

セットメニューを食べた後動くと頻繁に腹痛になり、せっかくの外出を楽しめない…なんてこともありました。

そして10代や20代の時と比べ一度にガッツリ食べる!ということも少しずつですが減ってきたように思います。

30代の今、単品の量がちょうどいい。

トッピングは高い

かけそばが400円だとすると、天ぷらそばは750円。

トッピングのわかめは100円。

かけそば400円で、トッピングが100円だと安く感じませんか?

100円玉1枚という気軽さで、購入に対するハードルが低くなるんですね。

これを何の法則か忘れてしまったのですが、そんな商売の方法があるんだそうです。(思い出したら追記します)

でも、100円は100円。トッピングに100円はよーく考えると高いと思いませんか?

それを知ってから、単品注文を続けているのですが、腹八分目。

お会計もすっきり。

一番シンプルで体にも良いと分かりました。

スポンサーリンク