どちらかと言えば、アンチ収納グッズ。収納グッズは達成感を味わうための商品。

収納グッズ,いらない,反対に増える,シンプルライフ

アンチ収納グッズ?

収納グッズには依存性があると分かってから買うのを止めました。

収納グッズは便利だけど、ついつい増やしがち。

捨てたいのに捨てられない、ゴミに家賃を払ってるにもアップしたのですが、断捨離を再開。

それで収納ケースを何個か燃えないゴミで処分したのですが、色々考えることがありました。

以前から収納ケースを少しずつ処分してはいましたが、キッチン用、洗面台下にと、いくつか収納ケースを持っています。

でも、どうしてか使うと何だかごちゃっとしてくる…そんなことを繰り返し。

収納グッズでは収納されない

…そうなんです、薄々感じてたこと。

もしかすると、便利なはずである収納グッズが部屋全体、そして人生を複雑にしているのかもしれない、と考えるようになりました。

画像にある収納ケースは、食品入れとして7年使用。途中、洗面台に移動したり、シンク下にと旅を続けていました。

だけど、これがあると、時間が経つにつれギュウギュウにモノが詰まっていく。

どんなに気をつけていても。

中途半端に作りが丈夫だから捨てるに捨てられないのです。

もうキリが無いから、捨てました。

収納グッズは達成感を味わうための商品

例えば、ある物を買う時収納ケースがあると、収納ケースの大きさを基準に買うか買わないか判断するようになります。

それって、多分自覚しないままそういった判断をしてると思うんですね。

あのピタッと収まる感覚だったり、きちんと収納した自分に達成感を覚えたり。

収納グッズは達成感を味わうための商品なんだと割り切ることができたので、できるだけ買わないことにしています。

なので、どちらかと言えば、アンチ収納グッズです。

無印の収納ケースが「空っぽ」に…。納得して買えば「物欲お化け」にストッパーがかかる。

スポンサーリンク