トッピング思考が浪費につながる

トッピング思考~いつの間に増えてる

「トッピング浪費」という言葉を思いついた。

トッピング=牛丼に追加する卵や味噌汁を思い浮かべますが、食事以外にも当てはまると思いませんか?

例えばファッション。

新しいワンピースを1枚買うと、今持っている靴やバッグが古臭く見えてしまい、お揃いで買ってしまった…。

私は何度かありました。そう、何万も使って…完全に浪費でした。

結局、自己満足であり、満足の賞味危険は短い。

料理だってそう。

あれやこれやトッピングするより、魚だったらシンプルに焼き魚に醤油だけで十分なのです。

健康を考えて「1日30品目摂りましょう」なんて言われてるけど、無理な話。

魚料理にあれこれトマトだチーズだキノコだ増やせば食費は上がり、冷蔵庫も使い切れない食材で捨てることに。

そもそも現代人は、食べ過ぎて病気になってるのですね。

 

あれこれ追加しない

冷蔵庫の中身を使い切る習慣をつけてから、まとめ買い・お買い得の言葉は頭からほとんど消え、数日~1週間以内で食べきる方が美味しい。

おまけに冷蔵庫が汚れにくくなりました。冷蔵庫は万能マシンではなく、あくまでも一時保管。

そんな感じで、家電製品もスマホプランも、あれこれ余分なオプションを付けずにスッキリとしていたほうが使いやすく、余計な浪費をせずに済むとと感じています。