ブログ発信できない悩み ~ “have to” から “want to” へ

今、ブログの手直しをしています。

なぜ手直しをはじめたのか?ブログ運営3年になりそうな今、今までアップした記事を確認すると、読まれていない記事がけっこうあります。

それで比較的読まれている過去記事をた3-4記事を1記事にまとめる。そして書き直し、追記する。

ブログの方向性をもう一度見つめ直す作業になります。

 

スポンサーリンク

見えないトンネルに入ってしまった

そんなことをしているうちに、ちょっと見えないトンネルに入ってしまいました。

「私はこのブログで何を発信したいのか?」

「役立っているのか?」

と。ブログ運営をされてる方だと、そんな波が訪れる時がくると思います。

そんな私も、3回ほどありました。

今入っているトンネルは、「役立っているのか?」

おそらく、私が読者だったら読まない。どうしてか?役に立たないから。

その間にブログの表示時間が気になってブログ内に入っている使われていない機能をアンインストールしたり、表示速度の負担がかからない簡素なテーマに切り替えたり。

でもこれって、自己満足なんじゃないのかな?とも思えてきて…。

私は一体何をしているのだろう。

ブログにアップしたいことがあるのに、撮りためた写真と下書き保存は増えるばかり…。

だけど、前のようにブログをアップできない自分がいることに気づきました。

 

ブログ発信ができなくなってしまった

一番のトンネルは、ブログで発信できなくなってしまったこと。

今、これで一番悩んでいるのです。

今年の3月に、ツイッターとブログ村を退会しました。

 

 

理由は、ランキングに疑問をもったこと、そして常につながり続けるSNSに苦しくなってしまったから。

ですが今感じるのは、あの頃心身疲れ切っていたのでした。

もっと体と心が健康で余裕があれば、程よい距離感でつながれていたのだと思います。

あの時は自覚症状が全くなく、パートのお仕事が採用され仕事をはじめたのですが、働いてる間に体の不調に気づきました。

それで「もしかして、体おかしいかも?」と病院で診てもらい、初めて病気になっていたのだ、と知りました。(パートは退職)

まさか体が悲鳴を上げていたことに気づかなかったこと。不調のサインがでても「これが普通、みんなそれでも頑張ってるから」と、不調を無視し続けたこと。

そして不調によって念願だった仕事をやめてしまったことで、今までの生き方は間違えだったんじゃないか?

追い詰めてしまい、人生に対する疑問を持ち、生き方を否定し、自信を失ってしまいました。

病気だから~、は言い訳だし、大きな声でいうのは好きじゃないけれど…。

あの時ツイッターもブログ村もブログのコメントも閉鎖してしまったのは、心の叫びだったと、体調が回復してきた今、感じることです。

 

“have to” から “want to” へ

だけど、私は今とても後悔しているのです。

それは、今までツイッターでフォローしてくださった方、メッセージのやり取りや、ブログ村で知り合った方。

ブログにコメントをくださった方。直接メールでメッセージを頂いたこと…。

そんな、良くしてくださった方のことなど吹っ切って全て消してしまったこと。

今まで築き上げたものを、壊してしまった私。信用を壊してしまったこと。

自ら壊したものは、もう、戻ることはできないのだ、と思っています。

ですが、体調が回復してきた今、SNSツール再開エネルギーが湧いてきました。(再開、といってもゼロスタートですが)

以前は “have to” の「しなきゃいけない」でいっぱいだったのです。

 

  • これ良いモノ・コトだから、ブログ発信して伝えなきゃ
  • 良いものは、いいね!しなきゃ
  • 家のことも仕事もしなきゃ
  • ダラダラしないで効率的に生きなきゃ

 

だけど、体調が回復してきた今 “want to”「したい」に変わりました。

 

  • 良いと感じブログには、やっぱり「いいね!」をしたくなります
  • お気に入りサイトをフォローしたい
  • 役に立つ~、と感じる内容には、やっぱり共有して拡散したい

 

“have to” だったのが ”want to” に変わってきた。

そしてブログ発信が以前のように更新できなく、軸が霞んでしまいそうですが、それでも続けて行こうと思っています。

私の中で、ブログを止めるというのは選択肢にはなく、止まっても、完全に止まることだけはしないと決めていること。

私はあれこれ器用にできなく、容量の小さなSDカードだと思ってるくらいのほうがちょうどいい。そんな「できないじぶん」を、やっと認められたような気がします。

SNSツールの再会も考えていて、近いうちにツイッターを再開しようと予定しています。

その時は、ブログ更新などのお知らせを再会したいと思います。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク