大・失・敗!ファッション通販で学ぶこと。

一週間前のできごとでした。

部屋着+郵便局に行けるくらいまでの

「ちょっとそこまで」なワンピースをファッション通販で購入しました。

金額は2000円くらい。

 

約2年前、まねきは洋服のシンプル化を目指し

買ったけど着てない通販ブランド服を30着以上断捨離しました。

【タンスの中公開2】30着洋服を断捨離。洋服にかけた金額と満足度は比例しない。

https://maneki3776.com/2016/10/22/post-12261/

 

断捨離後のまねきは、洋服にお金をかけすぎなくてもオシャレに見える。

と思っていました。

お金をかけすぎないオシャレをゆっくり身につけて。

ただ、ただですね。

今までプチプラのお気に入りファッション通販ショップがあったのですが

数年ぶりにそのショップで購入したところ、

洋服の質が変わってしまっていました・・・。

いい風に変わっていたのならうれしい。

だけど、残念なほうに変わってしまいました。

 

注文数日後、届いて開けてみると

「あれ、なんだか画像と実物が、ち・が・う」

 

うつくしいモデルさんがキレイに着こなしてるこなれた感じが

ワンピースから1ミリも伝わってこなくって。

 

なんだろう、なんかちがうなあー。

なんて、恐る恐る着てみると、まねきの予感は的中してしまった。

 

「園児が着るスモック」

 

洋服のパターンも布の厚さ、質が以前とちがう。

ちょっと着られないな・・ということで

「お客様都合の返品」として送料350円を負担で返品。

そんなことがあり、まねきがファッション通販で学んだことは・・。

「洋服は実店舗で試着してから買うべき」

ということです。

ファストファッションもそうだけど、

早くて安い。ということは、短期的にはいいのかもしれない。

だけど、長期的に見てみると、やっぱりどこかで歪みが生じているのかもしれない。

 

もちろん、すべてのプチプラが悪いワケじゃない。

良いものもあるし、好んで着ているプチプラもある。

 

気をつけていたつもりだったけれど、

今回の通販購入は、本気で失敗でした。

そして、「もう、簡単なのはいい加減、ほんとうにやめよう」と心に誓った買い物でした。

 

自分の足でお店に行き、お店に入って、選んで、試着する。

その流れを省いたのが今の通販であって、実際売れまくっている。

 

だけど、見えないところで

「大きな手抜き」「大きな犠牲」

が生まれているのかもしれない。

 

そして、30過ぎたオンナに、

スモックはどう工夫しても似合わない。

 

なんだろうな、この違和感。

商品を作る側と消費者側のズレを感じずにはいられない。

 

そんなことを、数年ぶりに

お気に入りプチプラショップで買って気づいたのでした。

私が少しずつファストファッションを買わなくなった理由

ファストファッションは、やっぱりファストファッション。