【頭を混乱させる原因】ブックマークがインフルエンザ?

こんにちは。まねきです。

冷え込む冬の空。インフルエンザが流行っているようですが、インフルエンザに一度もかかったことがありません。

《広告》

ブックマークがインフルエンザ?

そんな中、私のスマホはインフルエンザのような症状になっていました。

なにかというと、ブックマークが大量にあること。

その数なんと 220個。

頭を混乱させる原因

半年前は450個~と、「とりあえずお気に入り保存」

そうなんです、この「とりあえず」が頭の中を混乱させる原因。

頭の整理ができなくなる「きっかけ」となってしまうのです。

これってインフルエンザとかわらないんじゃないか…?

そんなふうに思いませんか。

とりあえず保存しておいたお気に入り保存は腐ったりもしないし

保存しておくことで悪いことが起こるわけでもない。

だけど、日に日に蓄積される。

スマホだから本のように重量は増えないけれど

確実に頭の中の負担は増えています。

そして、「だらだらスマホ」の原因にもなる。

ブックマークがコレクション化していないか

スマホのブックマークを消すことは、ちょっとした「恐れ」という感情がセットになる。

グーグル検索からもう見つけることができないかもしれない。

重要な情報を得ることができないかもしれない。

そんな恐れがあります。

だけどそのお気に入り、月に何回アクセスしていますか。

お気に入りコレクション化していませんか。

頭(脳)を休ませる

実は私もそうだったのです…。

増えすぎたブックマークの何がいけないのかというと、

「頭が休まらない」

「頭が疲れる」

=脳が休まらない

それで、思い切って感情を入れずブックマークを断捨離。

断捨離後は220→13へ。

情報社会の現代。

少しでも新しい情報をキャッチしたいものですよね。

しかしその分、頭と脳は常に緊張状態にもなっていることを覚えておく。

時間も脳に入る情報にも限りがある

時間も脳に入る情報にも限りがあること。

自分にとってどんな情報が本当に必要なのか

いらない情報をムダに取り込みすぎていないか。

頭を休ませる。

どんなにお気に入りを増やしても

肝心な情報を取り込む脳が休まらないと、新しい情報もスッと頭に入ってきませんね。