収入より低い生活を淡々と送ること。本多静六「私の財産告白」/岡本史郎「お金の真実」

本多静六,岡本史郎.私の財産告白,お金の現実

本多静六「私の財産告白」を何度も読んでしまう

私の財産告白

お金本でじわっと有名な(?)本多静六「私の財産告白

数年前、「お金貯めたい!」と本気で思い片っ端から”お金持ちになるには?系”(笑)の本を読み漁ってる途中に出会った本。

その中で「私の財産告白」は、ちょっと意味が分からなく軽く読んでおしまい。

あと、読んでいても楽しくなかったのです。

ただ、印象に残ったのは「収入より低い生活を送ること」でした。

そしてこの「読んでも楽しくない」がお金持ちに必要で重要なことだった。ということに数年後気づくのです。

本多式「四分の一」貯金

そこで、本多式「四分の一」貯金という方法があり、

わたし達夫婦は、給料が入ったら、給料の四分の一を強制的に貯金してしまうことにしました。

強制貯金法です。

【引用】

「あらゆる通常収入は、それが入ったとき、天引き四分の一をを貯金してしまう。さらに臨時収入は全部貯金して、通常収入増加の基に繰り込む」法である。

これを方程式にすると、

貯金=通常収入×1/4+臨時収入×10/10

ということになる。

一、貧乏征伐と本多式貯金法

財形貯蓄で定期預金でもいいので

強制的に給料の四分の一を使えないようにしてしまう。

kindleで再読しました。

先日、夫の冬のコート探しに古着屋へでかけました。 いろいろ試着はしたのだけど「これだ」というコートは見つからなく またゆっくり探...

四分の一貯金法をすることで、

「収入が多くなれば多くなるほど生活水準が上がる」

を、したくてもできないことに気づきました。

あとストレスも少な目なので、頭の中から「常に節約」の言葉が薄れた気がします。

(節約はもちろん続けていく)

反対に残ったお金で生活をし、自分たちの実力はそこまで大きくない。

そんな、「気が大きくなるきっかけ」が消滅する。

岡本史郎/お金の現実:パーキンソンの法則

収入より低い生活を淡々と送ること。本多静六「私の財産告白」/岡本史郎「お金の真実」

私の財産告白の解説に岡本史郎さんという、経営コンサルタント・税理士さんの存在を知りました。

何冊か出版されている書籍の「お金の現実」で、稼ぐけれどお金がたまらない人は、パーキンソンの法則にハマってしまってる人である。ということです。

この「パーキンソンの法則」を一度は聞いたことがあるかと思います。

節約しているつもりなのに、なぜだかお金が残らない――。

ただ、それは、仕方のないことなんだそうです。

個人の支出は所得に応じて増えてしまうだけではなく、所得を超える傾向がある。

だからローン会社が儲かるのですね…。

【引用】

C・N・パーキンソン(C.N.Parkinson)

1909年うまれ。官僚主義への皮肉を込めた著書「パーキンソンの法則」が有名。「かねは入っただけ出る」は、パーキンソンの第2法則として出版された。

P179 第四章●夢は捨てて、現実的に考える(おばあちゃんのふところ)

生活レベルを上げない 生活レベルを上げること。 暮らしの質を上げること。 向上心を持って生きる、なんてステキなんだろう、上を目...

収入より低い生活を淡々と送る

今までの支出を振り返ると

本当にそれを手に入れることで人生が良くなったか?豊かになったか?というと、数えるくらいしかない。

多くは「未来への夢を見た結果、実力以上の支出をしていた」と感じることが多く、お金を貯めたいのに貯められないのは、現実を見ず夢を見ていた結果、だと感じます。

収入より低い生活を淡々と送ること。

それはパッとしない生活かもしれない。

実際、以前より生活は地味になり、パッとしなくなった。

だけど、これからも「本多式「四分の一」貯金」を続けて行こうと思う。

本多静六【私の財産告白】

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

岡本史郎【お金の現実】

お金の現実