【ブリあらレシピ】簡単、安くておいしい。魚のアラで節約料理

魚,あら,レシピ

安くて美味しい魚の「あら」

よく行くスーパーの鮮魚コーナーには、魚の「あら」がよく並んでいます。

今の時期だとタラ、ブリ。

タラのあらを、たっぷり野菜の味噌汁に入れたところ、家族が大喜びでおかわり!

 

400グラムくらい入って200円ちょっとだったり、そこからさらに半額になっていることもあるので今まで進んで買わなかった「あら料理」に挑戦してみることに。

 

簡単!レタスクラブ「ぶりあらステーキ」を作ってみたら…

 

今回参考にしたのは、

ネットレシピで気になっていたレタスクラブブリあらソテー

 

https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/4950/

 

定価から20%オフのブリあらを購入。

何グラムか忘れてしまいましたが、350円くらい。

 

魚,あら,レシピ

 

ブリを水と塩で洗い、血合いをのぞきます。

キッチンペーパーで水気を取り、塩コショウをしてフライパンで焼くだけ。

 

魚,あら,レシピ

ちなみに愛用トングは、柳宗理 ステンレストングです。

 

今まで菜箸を使っていたのですが、パスタの麺を取るときにツルっと滑ったりしてしまっていたのですが…

ステンレストングだと、麺でも固形物でもガシッとキャッチするので、買って良かったキッチンツールアイテムのひとつとなりました。

パスタレシピにも写真アップ中。

オリーブオイルは「食べる」と思っています。

 

キレイな切身にはない美味しさ

魚,あら,レシピ

 

魚のあらは、太めの骨があったり脂身が多い部分があったりして、食べる時に工夫がいりますが…

キレイに捌かれた切身より見た目がちょっとさみしい感じがしますが、切身にはないジューシーな部分だったり、弾力のある身があったり。

今まで魚のあらを取り入れる、なんて考えたこともなくお魚コーナーでアラを見ても素通りでしたが、「使い切る暮らし」をはじめて3年くらいたった今、使える部分は使ってみるの精神が芽生えたなあ、と感じています。