朝のすっきりレモントースト

先日の朝ごはん。

・レモントースト

・カラマンダリン

・紅茶

5月なのに30度越え。

もう過去の常識が通じないなあ、なんて色んな意味で感じています。

朝っぱらから暑いのに、トーストが食べたくなって。

だけど、あまりお腹がすいてない…。

だからってバターだけだと、なんだかモッタリして食がすすまなそう…。

それで、冷蔵庫にできるだけ常備しておいている「レモン」を薄切りスライス。

こんがり焼いたトーストにバターとレモンをのせたところ、これが爽やかでなんとも言えない優雅な空気が家中に広がりました。

よつ葉 パンにおいしい発酵バターを、パンのためだけに手に取ってしまったという。

レモンの風味とバターのコクがお口のなかにいっぱい。

ただレモンをそのまま食べると苦いので、スプーンで果肉を押して、食べる時はレモンをお皿の端に寄せてしまいます。

あと、シンプルなごはんで心掛けていることがあって。

家で食べるごはんは、できるだけ濃い味付けをさけています。

醤油や塩の調味料の濃い味のおかずもおいしいですが、

毎日のご飯は、香りや風味を楽しむと食の満足度が高いです。

薬味や柑橘類を活用して「風味」を出すことで最低限の調味料で済みます。

レモンがビミョーに残っちゃった…レモンパスタはいかが?

「包丁いらず真あじフィーレ」でパパッとごはん