お金の使い道と選択の変化

変化したお金の使い道

消費(支出)の先延ばしをしないこと。

(反対に、消費は遅らせています)

消費を遅らせる。ここまで来たら、買いに行きます。

写真は楽天市場でいつも購入しているデンタルケア品。

いつもなら歯ブラシ5本×2(夫・妻用)

歯科専用歯磨き粉、デンタルフロス100m2個をクレジットカード払いから、

今回からコンビニ払いに切り替えました。

すると、いつもなら一回の購入あたり5000円超えなのですが

4000円以内に収まりました。

たったの1000円ですが、積み重ねれば

数万円・数十万円の余分な出費に気がつかないままだったかもしれません。

消費の先延ばし→クレジット払いを減らす

さいきん図書館で借りた

お金のシークレット 人生を変える“感情”と“お金”の法則

に書いてあるのですが、

クレジットカードの支出は現金の支出と比べて

23%増えるんだそうです。

クレジットカードって便利でポイントも貯まります。

わたしがクレジットカードをひんぱんに利用するようになったきっかけが

関東の田舎から東京へ転居してからでした。

人口の多い東京では、クレジットカードを使う人が多いことを知り

キャッシュレス化が当たり前の光景を目の前に、

効率化のために使い始めたのがきっかけでした。

ですが、クレジットカードを使うことで

現金で支払う時の出費の痛みが、まるでないことに最近きづいたのです。

モノとの交換としてのお金としては変わらないのに

人はお金を通して、

「感情」に向き合っているか・向き合わないか。

その差で出費に差が出ることを身をもって体験しました。

この数年でキャッシュレス化にしたり、

現金払いにしたり試してきましたが、

私の場合、現金払いの方がお金がより残ることがわかりました。

見積もりは少な目に

必要なものにお金を使ってるつもりが

カード払いにすることで、自分では気づかない

余分な出費につながり、それが当たり前になると

消費は加速されブレーキをかける時に大きな負担になる。

家にモノを入れる数をいつもの1・2個少なくする。

見積りは少な目にすることで

お金の「出」を縮小する。

クレジットカードは便利ですが

出費の痛みを感じることで今出さなくていいお金をセーブできると感じます。

ネットショッピング歴10年の私が買い物回数を控えた理由・予防方法(1)