景気良い時代の買い物を見直す

じぶんにとっての景気の良い時代の買い物を繰り返す

お金の使い道と選択の変化でも書いたのですが

いつも同じ買い方をしなくてもいいと思うんです。

いちど身についた買い物の仕方ってあると思うのですが

身についた方法の過去を辿ってみると

良い時(じぶんにとっての景気の良い時代)の買い物の仕方だったりします。

 

同じ状態・環境は続かない

だけど同じ状態・環境が続くわけでもなく

少しずつですが、変化していきます。

その変化に気づかず過去と同じ量を買ったり

同じ品質の商品を買い続けると、どこかで今の環境とのズレを感じます。

 

それは、身近な調味料だったり、化粧品だったり。

私が結婚したばかりの頃、

2人暮らしなのに実家で作っていた

家族4人分の量の味噌汁を作っては残していました。

 

ここ最近だと、過去にこわだりを持って購入していた商品に

そこまで興味がなくなっていたのにも関わらず

「いつもの」という安心感で買っている。

 

でも、思うんです。

何も過去と同じ買いかたをしなくても良いワケであって。

時々、じぶんにとっての景気良い時代の買い物を見直す

今の自分と振り返るといいかもしれないと思います。